フルマラソンでロングJOG代用

Pocket

なかなか更新は出来ていませんが細々と走っております。

とは言っても・・・まだまだ脚作り入門編と言った所です。

月間走行距離も200㎞ぐらいでしょうか?

 

とにかくJOGの基本ペース上げないと事には走力の向上には繋がらないと考えています。

ここ数ヶ月長い距離を踏めるようにコツコツと走ってきた事もあり

ようやく長い距離を踏める脚が出来てきたように感じています。

 

そんなこんなで・・・先週の金曜日に急遽フルマラソンを走らないか?と話が舞い込んできました。

参加者本人が熱を出したとの事で・・・あまり大きな声で言えませんがフルマラソンを走る事にしました。

 

金曜の時点で週末はロングJOGを予定していたので私にとって最適な練習になると考え大会二日前でしたがフルマラソンを走る事を決断。

 

大会名は伏せておきますが・・・GARMINで繋がっている方にはバレバレです(笑)

今回のフルマラソンはタイムは関係なくテーマはロングJOGです。

 

天気は生憎の雨模様に加えて風が強い!

こう言った悪天候の時こそ自分のペース感覚やリズムが重要になります。

 

追い風と向かい風で平気で20秒は変わる事も不思議ではありません。

追い風では手を抜ていペースを維持!向かい風では集団であれば風よけ、単独走なら追い風で温存したエネルギーを使い

タイムを平均化します。

 

これはあくまで私の省エネ走法です。

 

そう言った事を踏まえてスタートブロックに整列!

 

スタートラインまではざっと200m。スタートの号砲がなりますが・・・

全く動かず・・・徐々に進みようやくスタート地点へ到達し1分35秒程度のロス。

その後も渋滞の中を無理せず集団の流れに沿って走りますが・・・なかなか集団はバラけない

 

ようやく1㎞地点・・・ロスタイムも入れて7分半分で通過(笑)

最初の5㎞は30分くらいかな?と思いリラックスしてJOGを続けます。

5㎞を過ぎると5分10秒ぐらいで安定していたので心肺も余裕があり

このリズムで行く事にしました。

 

走りながら周囲のランナーを色々と観察して一番に感じた事はキロ5分ぐらいでもヴェイパーを履いているランナー多い!!

中には中間点も行ってない状況でハムストリングがやられているランナー、まったく反発を使えていないランナーと

やはりサブ3レベルのランナーが履くシューズだなと思いました。

 

ちなみに私が使用したシューズはズームライバルフライを前日スポーツD〇POでセールになっている商品を買って来ました^^;

全モデルのズームライバルスピードは以前から練習で常に履いていたので問題ないと判断し購入しましたが・・・

モデルチェンジをしていたので多少の不安を拭えず購入して、そのまま20㎞ほど走りましたが問題なかったので使用することに決定しました!

20㎞JOGの翌日にフルマラソンを走る!走り込みには持って来いの練習と思い久しぶりにマラソンに対してアドレナリンが出た気がしました。

 

ズームライバルフライのレビューは次回したいと思います。

 

話は逸れましたがフルマラソンにもどり順調に中間点を過ぎひたすら同じリズムで走り続け

あっという間に30㎞地点に到達、前日に20㎞走ってる割には足への疲労感は感じませんでした。

 

30㎞を過ぎ前方を見るとオーバーペースのランナーに加え強烈な向かい風も重なり足が止まっているランナーが大量にいたので少しペースを上げることにしました。

キロ5分で走っていてもランナーを抜いて行く事が出来ていたので最後ビルドアップで締めようと頭をよぎりましたが

同じペースで走るランナーがいない・・・

強烈な向かい風の中を単独走

さすがに心が折れキロ5分で押して行く事にしましたがまだまだメンタルが弱さを露呈です。

 

それでも30㎞からゴールまでに450人を抜いていました!!

 

ここで気付いた事・・・私はほぼ同じペースで走っているにも関わらず450人を抜いたと言う事は

それだけ30㎞から失速しているランナーが多いと言う事です。

おそらくサブ3.5を狙い失速したランナーが多いと感じました。

 

マラソンは30㎞までの組み立てと30kmを過ぎてからの組み立てが重要だなと改めて痛感しました。

改めてサブ3は復活はJOGペースの底上げを行うしかないと再認識しました。

 

タイムはグロスで3時間36秒とロングJOGが出来るまで脚が出来上がってきたので来シーズンに向けて走りこんで行きたいと思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください