負けるなナイキ

Pocket

今年に入り初投稿になります。

仕事が相変わらず忙しく時間を取りにくい状況ですがコツコツと走っています。練習内容は効率性を求めて練習をしているので近々記事にしたいと思います。

世間ではヴェイパーフライが禁止?になるのではないかと話題になっていますね。
ここの所の大会を見ていると殆どヴェイパー使用のランナーが多いですね。
出る釘は打たれる、出すぎた釘は引っこ抜かれる」今のナイキは出すぎた釘なので引っこ抜かれる状況まで来てしまったと思います

私自身は使用禁止には反対です。ヴェイパーフライに関してはナイキ社が相当な費用と時間を費やし努力を行った事には間違いありません。そう言った事を反故にする事はあってはならいと思います。

言葉を返せば他社の企業努力が足りないだけだと思います。
例を出すと、私がマラソンを始めた当初adidasがBoost素材を発売した頃でした。同時にマラソン世界記録を従来のシューズに比べて厚底のadizero JAPN Boostを履いて記録を樹立した事で非常に注目を集めていた事を覚えています。

BOOST発売当初と雰囲気がヴェイパーフライが発売されて時と非常に似ていると個人的には感じています。その当時BOOST素材に対して他社より訴えられるのではないかと話もチラホラ出ていました。それぐらいBOOST素材は革新的な物でした。その後BOOST素材の付加価値は上る事はありませんでした。

その理由はadidasは全てのシューズにBOOST素材を採用したことでBOOST素材が当たり前になりBOOST素材の魅力が減ってしまったように感じます。しかし他社メーカーで当時台頭するシューズはなく、ナイキも海外選手のはズームストリークが主流でした。当時のズームストリークはレースシューズと言うより練習で使うシューズと言うイメージでナイキはコスパの良いシューズと言うイメージでした。

しかしヴェイパーフライが発売されてからは一気にナイキに流れが傾き今に至ります。
もちろんシューズの開発力は前提にあるのも事実です。

世の中には至って普通の商品でもプロモーションでバカ売れする商品もあるのも事実です。しかしプロモーションが良くても品質が悪ければ継続はしません。

開発力・プロモーションがうまく噛み合えば最強でしょう!それが今のナイキです。
出過ぎた釘は引っこ抜かれてしまう世の中は何とかして欲しい物です。

私自身はヴェイパーは足底が痛くなるので合わないシューズですが、良いシューズではあるので使用継続は認めて欲しいと思う所です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください