北九州マラソン 2019参戦記

Pocket

昨日は北九州マラソン2019に参加して来ました。
2週間前に風邪引いてしまい思うように走れず目標のサブ3を達成するのは正直自信がありませんでしたが
ギリギリサブ3達成する事が出来ました。

北九州と言う事もあり駅近のホテルに宿泊し当日は7時半にホテルを出発し徒歩で8時前に会場に到着。
その後荷物を預けてトレイを済ませて15分前に整列しスタートロスは5秒以内で済みそうな位置に整列しました。
シューズはヴェイパーフライ4%

START〜5km 20′40″
スタートロスは4秒!流れに沿って走り最初の1km3分54秒で通過。
5km過ぎまで上りが続くのでリラックスしてゆっくりJOGと言い聞かせて、2kmを過ぎた所で道路の段差で足首を捻るような着地をしてしまい左足に激痛が走りますがそのうちに治ると思い…痛みを感じならがら走り続けて5kmの通過は20分40秒とまずまずでした。

5km〜10km 20′29”
5kmを過ぎると下りが続くので飛ばし過ぎない事だけを意識しました。後方からドンドン抜かれて行きますが自分のリズムだけに集中しました。キロ4分40秒ぐらいでJOGをしている感覚ですがサブ3ペースで走れていたので、このリズムで走ると決め10kmは41分13秒で通過。ここ2週間の練習を考えると思ったより走れていると思いました。

10km〜15km 20′54”
10kmを過ぎるとアップダウンが続いたので、ここでもリズムだけを意識しました。しかし左足の痛みがある為に無意識に庇う走りをしていた事もあり、右足の臀筋からハムストリングに張りを感じ始めました。

15km〜20km 21′04″
相変わらずサブ3ペースはキープ出来ており、一定のリズムで走りますが単独そうになると一気にペースが落ちるのでちょうど良い集団を見つけ走りサブ3ペースで安定したいました。
小倉駅前で20km地点を通過しますが左足の張りが気になりました。

20km〜25km 21′20″
小倉駅を過ぎて門司の折り返しを目指します。
ハーフの通過は1時間27分50秒で通過し、後半ペースダウンしてもサブ3は行けそうと感じました。しかしここで尿意が襲って来ました。
走りに集中出来れば尿意を忘れると思い走り続けます。

25km〜30 km 21′23″
25kmを過ぎて尿意が我慢の限界を越え集中出来ないと判断しトイレへ駆け込みました。トイレロスは30秒程度、その間にサブ3のペースランナーにも抜かれてしまいました。
タイムを確認してもサブ3のペースランナーは早く走ってる感じだったので再度自分のリズムを整える事にしました。

30km〜35km 21′48″
30kmを過ぎるとロータリーでの折り返しや折り返し地点と走りにくさを感じるポイントです。
門司で折り返しでゴールまで10km強となりペースアップを試みますが左足のハムが攣りそう気配を見せます。何より残り10kmは向かい風との戦いとなるのでメンタルだけは負けないようにと気を改めました。向かい風が弱い地点では4分5秒を記録するLAPもありましたが、向かい風区間では4分30秒近くかかりサブ3はメンタルが壊れなければ行けると思いました。

35km〜40km 22′01″
35km過ぎてキロ4分30秒以内でサブ3は出来ると計算出来ているものの風除けになりそうなランナーも見当たらず走り続けるしかありません。
一週間前に完全にガス欠状態で10kmのPRを行い、その時よりは楽だったのでゴールまでは失速せず粘れる自信はありました。本当に枯渇の10KmPR行って正解でした。

40km〜GOAL 9′33″
40km地点でサブ3は確信しました。
残る目標は気分的に59分台より58分台でのGOALですが…心肺は余裕なのに足が攣りかけてラストが効かず…
2時間59分6秒でサブ3を達成する事が出来ました!

そして…ゴール後左足が一気に痛みが出てゴール後しばらく歩けませんでした。
着替える際に足を見ると足の甲が晴れ上がってました。
そして本日整形外科に行くと中足骨にヒビが入り骨折手前と診断を受けました。
痛みを感じたまフルマラソン走った事を言うと医者も呆れていましたʅ(◞‿◟)ʃ
おそらく足を捻った際にヒビが入ったのでしょう、その後痛みは有ったもののアドレナリンが痛みを打ち消したのかもしれません。

1年前は50分切りの為に一生懸命走り、
今年はサブ3の為に一生懸命走り、
目標タイムは昨年より10分遅いですがマラソンは努力しないと早く走れないと感じる1年でした。
今シーズンはまともに走り込みで出来ずモチベーションが落ちていましたが最後は楽しく走れました!

マラソンは目標タイムで走る事も目標の一つですが、私自身苦しい時に僅か数%!苦しんで走っている瞬間を楽しんでいる自分がいます。
目標を達成出来ると、苦しい時に感じていた僅か数%の楽しさがゴール後に100%以上の喜びを与えてくれます。
目標が達成できなくても自分が次のステップに繋がる手を指し伸ばしてくれ前を向かせてくれます。

それがマラソンの醍醐味だと思っています。

余談ですが…マラソン大会のタイム計るマットは最後のマットを通過しないとタイムを計測しない事に気付きました。
昨日のゴール地点に3枚のマット敷いてありましたが、私の前のランナーが2枚目で止まったので私も1枚目のマットを通過したので立ち止まりゆっくりと歩きましたが…
後で動画を確認すると4秒タイムロスが判明m(._.)m
ゴール地点ではしっかりと走り抜けましょう!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. バード より:

    まずは、完走そしてサブスリー達成おめでとうございます。トイレを挟みながらのレースは精神的にも冷静さをキープすることが難しそうですが、キッチリまとめてくるところはさすがですね。参考になります。
    先日も友人が足甲の痛みで骨折を疑い整形を受診しましたがMRIでも軽微で骨折の反応が出なかったそうです。
    私も甲の痛みの経験がありましたが、骨折してたのかと….思い返してぞっとしてます。
    どうぞお大事にしてください。

    • shoji.sub3 より:

      バードさん返信がおそくなりもうしわけありません。
      走力は落ちても今までの走り込みでメンタル力で何とか乗り越えれたのかもしれません。
      タイムを伸ばす上で故障は絶対に避けなければいけないのでバードさんも順調にタイムが伸びているので無理されず頑張ってください!