ゆくはしシーサイドマラソン2019 参戦記

Pocket

昨日はゆくはしシーサイドマラソン2019に参加してきました。ハーフマラソンは昨年の10月以来の参加です。10月のハーフマラソンは走り込み不足で1時間30分の撃沈レースでした。
それから走り込みは満足に出来ないにしても納得は出来るレベルでは走り込めたと思っています。

それを考えると・・・今回の目標は1時間23分台で走る事!!

1時間23分台で走りきる事が出来ればサブ3が狙えるレベルだと自分の中で考えているからです。
あくまでハーフマラソンでタイムを狙うと言うよりはフルでサブ3を達成するための練習意味合いも兼ねての参加です!

会場には1時間15分前に到着し受付を行い、アップは軽く2㎞ほどJOGを行い終了。
そしてスタート地点へ向かいます。
シューズは「ヴェイパーフライ4%フライニット」

初のヴェイパ―使用です。

10分前にスタート地点へ向かいました。
3列目の位置に並びロスタイムは気にする事なくスタート出来そうでした。
スタートを待つ間…足元を見るとヴェイパ―フライを履いているランナーの多い事
やはりブームになっている事を肌で感じました。

STAR~5㎞ 19′22″

スタートしてシューズの感覚をチェックしながら走る事にしました。
とにかく反発の強いシューズなので効率よく走る事だけを心掛けながら走り
最初の1㎞は3′42″で入りヴェイパーあるあるの自分が思っているより早く走れてしまう現象です。
しかし今の自分ではペースが速く後続から自分のペースに合った集団を待ち3人の集団が来たので後方に付きました。
概ね3′55を切るペースで進みますが・・・4㎞で明らかに集団のペースがダウンしキロ4分を越えそうだったのでり集団から抜け出し単独で5kmを19分22秒まずまずのタイムで通過します。

5㎞~10㎞ 19′38″

4㎞過ぎから単独で走る事になり大きなタイムロスだけは防がないといけないので気持ちペースUPしますが単独走に加えて向かい風区間と言う事もあり3分55秒程度でしか走れず思った以上に脚を使ったように感じ集団で走るメリットを改めて痛感しました。
8㎞過ぎて後続から良いペース走る3人の集団が来て後方に付き付いて行く事にします。集団で走ると同じペースでも楽に走る事が出来たの精神的に楽になりました。最初の折り返しをで後続から二人が追いつき5人の集団で10㎞を39分00秒で通過。

10㎞~15㎞ 19′36″

10㎞過ぎて航空自衛隊の築城基地沿いの身を走りますが路面が悪く非常に走りにくく感じました。
ヴェイパーフライ4%クッションが有るがゆえに着地が不安になるデメリットが有ります。
路面が悪いと着地の不安定さは顕著に感じました。
中間点を過ぎゴールへ向かうために路面が良くなったタイミングで1人がペースアップし集団から抜け出し付いて行く事が出来ず3人の集団で進むことになりますが・・・コースの特徴としてアップダウンが続くため心肺は余裕があるものの脚がしんどくなってきました。昨年はここから3分50秒を切るペースまで上げれましたが今年は現状維持が精一杯で15㎞の通過は58分36秒で通過。

15㎞~20㎞ 19′55″

15㎞過ぎると自分が思っている以上に脚が動かなくなります。アップダウンの連続で
力みが入りやすくリラックスしてリズムよく走る事だけを意識!
16㎞を過ぎて3人の集団から一人がペースアップし2人になります。
自然と前を走る形になりますが・・・後ろのランナーは私より余裕がある様に感じました。
後半最大の難所?沓尾漁港へ向かう橋のアップダウン!!
昨年とは違い脚に余裕がないので橋の上りは思った以上にシンドイ状況で沓尾漁港で折返して再び橋の上りに向かいますが
向かい風も加わりペースが上がらないの分かり、上り切って下りに入った途端後方のランナーがスパート!
良い感じ風除けにされてしまいました(:;)
残りは約2.5㎞!!前に居るランナーを追うしかありませんが単独走なので心が折れそうになりますが粘るしかなく20㎞の通過は1時間18分32秒で通過。

20㎞~GOAL 4′13″

20㎞を過ぎて100m以内に5人ほどランラーが見えるのでスパートかけますが・・・全く距離が縮まりません!ペースは遅いものの最後まで脚が動き続けたことは収穫になったと思います。
そしてGOALタイムは1時間22分44秒で自分が思っている以上に走る事が出来ました。

昨年より1分ほど遅いタイムでしたが、昨年との違いは後半にペースアップ出来なかった事が大きな原因だと感じています。
昨年はロングJOG~ビルドアップを繰り返し行っていたので脚が辛い状況からでもペースアップ出来ましたが、今年はロングJOG~ビルドアップ練習を全く行っていないので身体が動かないのも無理ありません。マラソンはマグレのないスポーツなので日ごろから目的を持ってトレーニングする必要がある痛感しました。

自分自身の課題を見つける事が出来たので克服出来るようにトレーニングを積んで行きたいと思います。
昨年は参加できるレースは殆ど参加していたのでレースでの追い込みは普段行う事は難しいので来シーズンは積極的レースに参加しようと思います。

ヴェイパ―フライ4%の感想は改めて書きたいと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. […] ゆくはしシーサイドマラソン2019 | マラソンのタイムアップを目指し日々努力 https://sub34go.com/2019/01/28/post-1728/ […]