フォームを客観的に確認

Pocket

1月も中旬に近づきマラソンシーズンもあと少しになってきました。

個人的には今シーズンは故障が長引いた上に仕事も忙しく思うように走り込めず自分の納得行く走りが出来始めたのも12月になってからなので…

今シーズンのPB更新は難しく来シーズンへ持ち越しになりそうです。

走り込みも必要ですが自分のランニングフォームを知る事も重要です。

自分では上手く走っていると思っていても実際にはバランスの走りをしている事も珍しくはありません。

ランニングフォームを考えたときに一番重要なポイントはブレーキをかける走りをしていない事です!!

ランニングにおいて着地すると地面から反発する力が生まれます。

私は地面半力と言っています!!

地面からの生まれた力を推進力に効率よく換えれると効率よくスピードを得れます!学生時代は100mをメインに競技を行っていましたが、走る際に意識していた事は地面半力を上手く生かし接地時間を短くし早く走る事だけです。

接地時間が長くなると腰が落ちスピードが落ちてしまいます。これは長距離走でも同じです。

フルマラソンは長時間運動なのでランニングフォームがタイムに大きく左右されます。

そこで自分のランニングフォームをスマホなどで撮影して確認する事をおすすめします。

iphoneに限ってはスローモードで撮影すると自分のランニングフォームがより一層確認できます。

恥ずかしながら私が先日撮影したものが下記になります。トレッドミルで時速は15kmで走っている時の動画です。

私の場合は左脚の脚力が弱いので左脚で着地した際に右脚に比べて上下動が大きく、振り足小さくなりストライドが伸びません。

この動画から私の課題は左脚の筋力強化です!!

このように左右の動きの違いや上下動を見ることで課題は必ず見えてきます!

私も左脚の強化は継続的に行っていますが先はまだまだ長いようです・・・

左脚の筋力不足は学生時代からの及第点でこれでもかなり改善されました(笑)

現役時代は今より酷く今のレベルまで改善していれば10秒6台は間違いなく出ていたでしょう・・・切ない私の青春ですがフルマラソンでタイムを延ばしてジジィの青春を味わいたいと思います(:-;)

走り込みでタイムが上がるのは当然ですがランニングフォームの改善がタイムアップに即効性のある手段なのでご自分のランニングフォームを撮影してみてはいかがでしょうか?

今回はiphoneでの紹介でしたがその他の機種に詳しくないのでiphone以外の方は調べてみてください


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GARMIN ガーミン ランニングダイナミクスポッド 101252010
価格:8000円(税込、送料無料) (2019/1/12時点)


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク