ペガサスターボ レビュー

Pocket

ペガサスターボの特徴は?

以前からレビューを書こうと思っていましたが・・・

今更感がありますがペガサスターボのレビューを書きたいと思います。

ペガサスターボと言えば、ナイキの「厚底は速さだ!」のシューズの一つです。このシューズの特徴は「ヴェイパーフライ4%」に使用されている・・・
Nike ZoomXフォームが採用されています。見た目は最近のナイキのフォルムにもなっている・・・とんがりシューズです。

見た感じは・・・

見た目はヴェイパーの流れを引き継いでいますが・・・

アッパーはもう少し作り込んで欲しいと思うほど安っぽい感じに受けてしまいました。せめてズームストリーク6と同じアッパーにするとまだ軽量化出来るのではないか?と思います。

このシューズの生命線と言ってもいい「NIKE ZOOM X」

ソールはゴムソールで脚にも優しく耐久性も良さそうです!!

そして一番重要な屈曲性ですが・・・

予想通り全く屈曲しません。。。厚底なので屈曲するとシューズバランスが悪くなるので屈曲するわけにはいかないので当然と言えば当然です。

ペガサスターボで試走

ペガサスターボを履いた感想ですがフィット感は決して良くはありません。せめてアッパー素材を改良するとさらにフィット感は大きく改善するんだけどなぁ・・・

フィット感を求める方には不満が残るかも知れませんが・・・ゆったり感のある方が好きな方には問題ないでしょう。私は後者なので特に気になりませんでした。

そしてぺガスターボで120分JOGを行いました。あまり走る時間が短いとフルマラソンの参考にはならないと思うので。。。

走り始めてキロ5分程度スタートとしたと思っていましたが…最初の1kmのLAPは4分15秒(笑)ヴェイパーまでとは言いませんが思っている以上に脚が前に出てスピードが出ます!

シューズ重量は26.0cmで218gで決して軽量とは言えませんが重さは感じません。ZOOM Xを使用している事もありヴェイパーフライ4%に近い感覚があり、反発がマイルドになったヴェイパーフライ4%と言って良いかもしれません。

結局、120分で27.6km走り平均ペースは4分20秒で走りました。

ペガサスターボのターゲットは?

あくまで私の所感ですが、サブ3・サブ3.5を目指すランナー向けだと思います。

サブ4ランナーにはちょっと厳しいかなか思います。理由は後で詳しく述べますがそれ相応の筋力が必要でしょう!

ヴェイパーフライ4%はカーボンプレートの装着で強烈な反発力を得れますが、それは筋力も必要になると言う事でしっかりとした筋肉トレーニングが必要となるのでサブ3・サブ3.5の方はレースシューズ候補に入れても良いと思います。

ペガサスターボの留意点

ソールが屈曲しないと言う事は、足首周りの筋肉と大腿四頭筋に大きな負荷がかかるので筋力強化が必要になります。通常は着地は大腿四頭筋、推進力はハムストリングと言った具合に筋肉を使いますが、屈曲しないシューズはフォアフット前提のシューズです。そうなると大腿四頭筋が大きな役割を担うため、大腿四頭筋が筋力不足だとフルマラソンで30km以降のペースダウンは最低限に抑えれてもペースアップは非常に難しくなります。

日本人の8~9割は足首が柔らかくソールが屈曲しないシューズは合わないと言われています。それが言えにフォアフットで走る事が難しいとされています。

一方黒人選手などは足首が硬くヴェイパーフライ4%が合うと言う性質があります。足首が硬いと自然とフォアフットで着地しやすくなります。私も足首の硬いのでヴェイパーが合うかと?言われると答えはNOです。やはりソールの屈曲しないシューズを履くと大腿四頭筋への筋力負荷が大きく今の私の筋力では履きこなせる自身がありません。

私の今の実力では大腿四頭筋とハムストリングをバランス良く使える屈曲するシューズが合うと感じています。しかしペガサスターボのクッション性は魅力を感じます。

厚底は速さだ!!=筋力強化

次回はペガサス35をレビューします

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク