苦痛じゃなく楽しんで走る

Pocket

先日の福岡マラソンを走り終えて一番痛感した事は

「マラソンを楽しむ」重要性です。

細かい事かもしれませんが15㎞、20km、25㎞と通過した際に

「もう〇〇km」と思うのか!

「まだ〇〇km」と思うのか!

もちろん楽しむにはメンタル面で余裕がないと出来ません。

特に距離に対してどう思うかでメンタル面に少なからず左右すると思います。

私自身直近三ヶ月で最長連続距離はハーフまでしか走っていません。

時間にして100分程度です。

そうすると「まだ〇〇㎞か~」と言うように考えてしまいました。

脚に余裕は有ったので、そこまで苦痛に感じる事は有りませんでしたが

ある程度無理をしていたら一気にメンタルがやられていたと思います。

タイムを出す上でメンタルは重要なファクターになる事は間違いないと思います。

人によっては行ける所まで押して行き粘って押して行くランナー

前半余裕を持って入り後半上げていくネガティヴスプリットを狙うランナー

前半から押して行くの有れば30㎞などのペース走などの練習が有効になります。ここで重要な事は

ペースが落ち始めてしっかりと粘る感覚を身に付ける事です。

30㎞をレースペースで走り切る事よりペースが落ち始めても、このぐらいのペースであれば粘れるとペースを把握する事が大事です。

そうすると前半からある程度押して言ってもレースプランを立てやすくなりメンタルも保てます。

私もエネルギーが枯渇しない限り4分20秒ぐらいでは粘れるとは思っています。

こう言った確たる自信を持つとペースが落ち始めても自分の思ったペースで粘れていると頑張れキツイ中でも楽しく思える事も有るかも知れません。

私が初めてサブ3を達成した時は、このパターンでした。

ネガティヴスプリットを目指すの有れば、ダニエルズ氏の提唱するEペースでロングJOG(150分~240分)が効果的と感じています。

ロングJOGに関してはメンタル練習と言っても過言ではありません。

個人的にマラソンはメンタルスポーツと感じているので後者の練習が有効的だと感じています。

但しロングJOGを徹底的に行うと私のようにスピードが出ないランナーになってしまい…フルマラソンしか走れなくなってしまいます(笑)

私自身、フルマラソンでタイムを出す事だけに重きを置いていたので10㎞やハーフマラソンのタイムは特に気にせず

30㎞以降にペースダウンせずに走る事に楽しさを感じています。

春先から故障や出張続きで長い時間を走る事が出来ず、先日の福岡マラソンは走っていても楽しいと思う事が出来ませんでした。

昨シーズンは毎回30㎞以降に辛さを感じながら走る事に楽しさを感じていたので初心に戻りロングJOG楽しみたいと思います。

マラソンは非常に過酷なスポーツなので誰もが辛いと感じるスポーツです。

しかし自分でも楽しいと思える要素を見つけると辛さも楽しさに変わると思うので

自分なりにマラソンの楽しさを見つける事もタイムアップへ手助けとなるかもしれません。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. てっちゃん より:

    ご報告。

    大阪マラソン、おかげさまで、目標であるボストンマラソン基準タイムの3:25を、ギリギリですが初めて突破できました。今年の東京で出したPBを9分半更新できました。まあ、このタイムでは最終脚切りに会いそうですが、初めてのボストンクォリファイなので、大きな自信になりました。

    この秋は徹底してEランを続け、その結果、これまでよりも月間走行距離が5割増しになり(320km)、一回のロング走も距離が伸びたことが勝因だったように思います。ペース走に比べて遥かに楽なので、順調に距離が積めました。
    Eランも低めの心拍数で行う調整ジョグと、高めの心拍数で行う距離走で使い分けることで、徐々にEランのペースが速くなり、昨シーズンのMペース近くで走れるようになりました。レースペースが非常に楽になりました。

    私の場合、「脚つり」という課題があり、今回も途中で出てしまったのですが、歩きとジョグで粘っていたら、早めに痙攣が抜けてくれて、再び走れたことで目標達成に至りました。地脚がついてきたのでしょう。

    上述の通り、今のタイムではBQには多分足りないので、このまま練習を続け、来春の大会でBQを確実なレベルにしたいと思います。

    これからもよろしくお願いします。

    • shoji.sub3 より:

      大阪マラソンお疲れ様でした!!さらにはPB更新おめでとうございます。
      当日は気温もフルマラソンを走るにはやや高い中だったと思いますが、約10分近くの短縮は素晴らしいです!
      この結果は紛れもなくコツコツ走り続けた成果でしょう!さらには脚つりを克服出来ると大幅なタイムアップも望めると思います。
      脚つりに関しては、筋肉の持久力つける事が改善の道でしょう!これはEペースJOGの継続を続ける他ないと思います。
      EペースのJOGは本当に暇でメンタルもやられます・・・その中で今までのようにEペースでの低負荷、高負荷の変化をつけ継続するだけでペースの底上げに繋がり
      必ずMペースも自然と速くなるので頑張ってください^^
      気温が下がるとまだ楽走れると思いますので次はサブ3.15も見えてくると思いますのでPB更新のご報告お待ちしています^^