調整方法は自分体調で判断する。

Pocket

レースが近づくと調整方法にシビアになる方も多いと思います。
一般的にレースの3週間前に30㎞走、2週間前に20㎞走、1週間前に10㎞

おそらくこのパターンが主流の調整方法になっていると思います。
色々なマラソンの参考書を読んでも大まかにこのパターンが書かれています。

そういう背景もあり前述のような流れになっているのでしょう。
調整方法で一番重要な事は自分の身体に合わせた調整を行う事です。
そう考えると毎回同じ調整方法を行う事は正しいと限りません。

私は単細胞な性格から難しく考えていません
1.大きく負荷をかける。
2.超回復を行う。
3.バネをためる。

以上の事だけを考えています。

これは現役時代の感覚を元に行っているので決して万人受けするとは思っていません。
日頃のトレーニングで自分の疲労回復のペースと何日休むと万全の状態になるかを把握していれば難しくはありません。

これこそがベストを走る条件と思っています。

型にハマる練習は、あくまでこれだけの練習を行った!と言う自信を持たせる意味合いが強いと思っています。
自分が考えている以上に疲労が溜まっていればレース本番では思うようなパフォーマンスを出せなくなる可能性があります。

あくまでリスク回避(失速)を考えるとこのような調整方法に辿り着き今でも実践しています。

普段から自分の疲労回復を把握しレースへ挑んではいかがでしょうか?

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. toku より:

    こんにちは。福岡マラソンまで1週間となりました。
    私のフルマラソン前の調整は、以下の通りです。
    ●基本的に残り1ヵ月までに地脚づくりのための走り込みは終了。
    ●4週間前 36km(4:30ペース)
    ●3週間前 30km(4:20ペース)
    ●2週間前 20km(4:10ペース)
    ●1週間前 10km(3:50~4:00ペース)
    量を落として、質を上げていくのが基本。これをクリアできれば、サブスリーはいけます。週末にこのポイント練習をして、残りはjogや軽めのビルドアップに抑えます。特に残り1週間は極端に走行距離を落としてバネを貯めます。
    もちろん、その時々の体調によって、リスケジュールは行います。

    • shoji.sub3 より:

      こんにちは、順調に調整が進んでいるようですね!tokuさんの場合は疲労抜きJOGをしっかりされているのでメリハリが付いて理想的ですよね。レース前に量を落して質を上げれるのあれば仕上がりが順調な証拠だと思います。私も福岡マラソンを走りますのでお互いに頑張りましょう!!

      • toku より:

        福岡マラソン走ってきました。おかげさまで自己ベスト更新出来ました❗
        やはり、最終調整メニューをしっかりこなせたのが大きかったと思います。
        夏場に故障して、疲労抜きLSDの重要性も再認識しました。
        福岡と北九州では5分は違うと感じていますので、今度こそ、サブ50クリアしたいです❗

        • shoji.sub3 より:

          自己新記録おめでとうございます!!最終調整ももちろんですが
          絶対にタイムを出せるオーラが文章からも伝わってきていたので私も良い刺激をいただきました。
          tokuさんの場合は夏に故障からの自己ベスト達成なので私も非常に参考にさせてもらいたいと思います。
          私の勝手な予想ですがハーフのタイムを考慮するとtokuさんは45分カットを狙えると思っています^^
          故障には気をつけて頑張って行きましょう!!