反発=良いシューズではない

Pocket

昨日は久しぶりに個人的に練習での神シューズ「ズームストリークLT2」を履いて練習しました。


一時は7足あったLT2も今では残り2足でソールも擦り減ってもはやクロカンでの使用がもっぱらです。

昨日は気分的にも走りたくない気持ちが強く・・・そう言った時はお気に入りのシューズで走って脚を前に進めるしかありません。

ズームストリークLT2は過去にも書きましたが、非常に軽量で屈曲するシューズです。
シューズの反発も少なく地面を蹴り出す最後まで力を地面に伝えれます。

反発のあるシューズは確かにスピードは出ますがシューズ合わせて走る事も少なくはありません。
ハーフマラソンまでは問題ありませんがフルマラソンでは疲労が溜まるとシューズの反発力に筋力が対応出来ずさらに疲労を招く結果になります。

フルマラソンでタイムの落ちを防ぐには屈曲するするシューズだと効率よく推進力に変わるので屈曲するシューズは非常に有効だと感じています。
しかしながら屈曲するシューズが少ないのも事実です。

昨今、エリートランナーが反発するシューズでタイムを出しているので反発するシューズが売れるのも事実なのでメーカとしては売れる商品を販売するので
屈曲シューズを求めるのは難しいでしょう。

フルマラソンでは反発と屈曲性のバランスが非常にシビアだなと痛感します。

市販で購入出来るおススメのシューズは「adizero sub2」が私の中で一番理想に近いシューズです。

本当はミムラボと言いたいところですが・・・今現在のミムラボのミッドソールは硬く個人的にはadidas時代のミムラボが最強と感じています。
そのシューズも幸い2足所有していますが・・寿命的に残り3レースが限界なのでここ一番で使用したいと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. てっちゃん より:

    こんにちは。マラソン5シーズン目の50代男性です。PBが今年の東京Mの3:34台です。今回、「距離走」で検索していたところ、こちらのサイトと出会いました。
    これまで12回のフルマラソンに出場し、全てで終盤に脚を攣って歩きましたが、エントリーを拝読し、きついペース走を時々やるよりも、2時間くらいのJOGを積み重ねることがマラソンには必要なのだと納得いたしました。ありがとうございます。
    ところで、シューズ選択ですが、昨シーズンはストリーク6でほぼ全てのレースを走っていました。練習はジャパンブースト3も良く使いました。しかし、今シーズンはペガサス35が見違えるように変わったことで、JOGにペガサス35、レースにターボを使う予定です。ストリーク6はTペース走などで使おうかと。ペガサスは厚底の部類に入ると思いますが、否定的でしょうか?ご意見がありますれば、ご教示ください。

    • shoji.sub3 より:

      てっちゃんさん
      はじめまして!コメントいただきありがとうございます。
      私も今年の東京マラソンを走りましたので勝手に親近感を持ちました^^
      シューズについてのご質問ですが、Tペース走をされているのであればペガサス35でのJOGを行う方が良いと思います。Tペース走とは言え負荷の高い練習になりますので、ペガサス35でリカバリーJOGを行いしっかりと疲労を抜く事が大事だと思います。怪我さえ回避できれば間違いなくサブ3.5は行けますので頑張ってください^^
      ペガサスターボについては最近購入しましたので近々に記事にしたいと思います。

      • てっちゃん より:

        アドバイス、ありがとうございました。脚の痙攣防止のためには、フォームを筆頭に全てを見直さねばなりませんので、ジョグでの脚筋力の持久力向上に励みたいと思います。
        ターボの感想も楽しみです。