骨盤に体重を乗せる

Pocket

最近のJOGでようやくバランス良く走れているように感じてきています。
故障明けの時は明らかに左右バランスが悪く無駄の走りをしていましたが…

ようやくリラックスしてスピードに乗れるようになってきました。

走力を最大限に発揮する際にランニングフォームはとても重要になります。
闇雲に走るより、まずは効率の良いランニングフォームを身に付けることが先決だと思います。
簡単にランニングフォームと言っても技術要素を求められます。

正しいランニングフォームで走ると無駄なエネルギーを使わず走る事が出来るため
走力そのままでタイムアップを出来る事が出来ます。

そこで重要なポイントが

・接地時間
・上下動

以上の2点です。

これらを意識するには様々な意識を持つ事で改善に結びつきます。

参考になるかは分かりませんが、着地の際に骨盤に体重を乗せる意識をする事で

無駄のない着地を行い効率よく推進力に変える事ができます。

着地の際に骨盤に体重を乗せれると身体の真下で着地をするため自然と推進力に変わります。
これを意識するだけでも、遅いペースで走っている感覚でも通常のJOGペースで走る事が出来ます。
この動きは通常のJOGで養う事でレースペースでも同じ感覚で走る事が出来ます。

ポイント練習のような全力で走るより通常のJOGで走る方が効率の良いランニングフォームに気付けるチャンスは多いと思います。
その理由はフルマラソンは有酸素運動なので有酸素運動のフォームは有酸素運動でしか身に付かないと思っています。

まずは難しく考えず着地の際に骨盤に体重を乗せることを意識しみると良いかもせれません。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク