内臓疲労

Pocket

気温が高い中で継続してランニング続けるに当たって1番重要な事は…

「内臓疲労」

走るだけでも内臓には負荷がかかります。
その中で…暑さが加わるとさらにダメージを受けてしまいます。

内臓疲労が起きると栄養摂取が上手く出来ない事で、疲労が抜けなくなり体調を崩す事も珍しくありません。

内臓疲労を起こしている場合の対処法は…
極力食べ物摂取回数を減らす事です。
1日3食以外に間食などを行うと内臓は常に働き続けます。
そうすると内臓の疲労は取れません。

暑くて…体力も使うのでついついつまみ食いで何かを食べたくなりますが…そこは我慢です( ̄▽ ̄)

私も夕方の時間に何かを食べたくなりますが極力我慢しています。
しかし…我慢だけだとストレスも溜まってしまうので消化しやすい物を食べる事をオススメします!

私は、「こんにゃくゼリー」か「ウイダーゼリー」を摂取して空腹をごまかしてます…

流石にここまでくるとストイックと言われてしまいそうですがヽ( ̄д ̄;)ノ

これも効率よくトレーニングする為と良いかせています。
甘い物食べる時は食後に食べていれば多少は内臓への負担も減るのでお菓子食べる時は食事の後に食べています(//∇//)

これから暑くなるので内臓疲労に気をつけて走ると事が重要になると思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク