ヒラメ筋・腓腹筋を強化する

Pocket

膝の状態も良くなりJOGのスピードもほぼ通常のペースにまで戻ってきました。

Adizero SUB2を履いてアキレス腱周りの筋力不足を痛感していたので、アキレス腱周辺の筋力強化を

地道に行うために先週末から、フォアフット走法を意識してJOGをしています。

厳密に言うと完全なフォアフット走法ではなく、踵を極力着かないミッドフット走法と言って良いでしょう。
その意識を持つだけで腰高フォームになり接地時間が短くなり効率良く前に進む事は実感出来ます。

完全なフォアフットで走ると相当効率良く走れると事が改めて理解出来ます。

しかしながら…筋力は鍛える必要があります。
ヒラメ筋・腓腹筋に関しては・・・4日連続で筋肉痛が続いています
わずかに踵を着くだけでも10km走ると大臀筋・中臀筋に張りがきます!!
しかも筋力が備わっていないので・・・上下動が大きくなっています。

マラソンの基礎スピード向上には持久力の向上と筋力の強化も必要になってきます。
マラソンでは大きな筋肉(ハムストリング・大腿四頭筋等)を使う事が良いとされています。大きな筋肉は小さな筋肉より持久力があるからです。

今回私が筋力強化を図っているヒラメ筋・腓腹筋について説明すると、ヒラメ筋は遅筋・腓腹筋は速筋です。

速筋は瞬発系の筋肉なので、腓腹筋に持久力を付けるとキック力が向上するので基礎スピードが向上するとあがります。結果、今取り組んでいるフォアフット走法に近い走りを長時間出来るようになれば間違いなく短縮出来ると考えています。

じっくりとヒラメ筋・腓腹筋を鍛えて蹴り出す力を改善したいと思っています。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク