ストレッチングボードを有効活用

Pocket

普段のトレーニングのケアとして是非とも導入して欲しい器具があります。

それは「ストレッチボード」です。

ストレッチボードと言っても体を動かす訳でもなく、ただボードの上に乗るだけです。
ボードの上に乗るだけで「アキレス腱」「ふくらはぎ」「太もも」「」までを1度に伸ばすことができます。

さらに、ふくらはぎは第二の心臓と言われるだけあって、下半身の滞っていた血行を改善する事も期待できます。

より効果を求めるのであれば、姿勢を意識すると、体全体の血行が良くなるとも言われおり良い事尽くしだと私は思っています。

しかし、急に伸ばすとケガの原因になるので、ゆっくりと伸ばしていくことがポイントです。

使用する際に吸った息を吐きながら伸ばすことを意識する事が大事です。呼吸は長く続くようにする事で血液の流れに改善を促します。

血行が良くなると疲労回復にも繋がります。

血行促進はもちろん、代謝もアップされ冷えを予防するなどの日々の日常生活においても良い効果をもたらしてくれます。

さらには、足底腱膜炎に悩んでいるランナーには是非ともお勧めです!

先日、紹介した「青竹踏み」と「ストレッチボード」の使用で大きな改善が出来ると思います。

私は、起床後・トレーニング前・お風呂上りに使用しています。

朝は歯磨き…お風呂上りはテレビを見ながら、何かのついでで出来るので取り組みやすいと思います。

運動前にストレッチボードを行うと、身体全体がしっかりと伸ばされるので怪我を未然に防ぐ一因を担ってくれます。

血行促進効果がアップする事で脂肪燃焼しやくなるのでトレーニング効果を高める効果も期待できます。

足首周りのストレッチは自分でも行えますが、ストレッチボードに乗る方が時間的な面を考えてもメリットが大きいです。

足首周りの柔軟性がない方はもちろん、その他のランナーにも是非とも使用して頂きたい器具なので検討して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク