Sub2はサブ3.5に使用できるか?質問をもらいました。

Pocket

昨日、adizero Sub2のレビューを個人的見解で書かせてもらいました。
意外にも多くの方から同じ質問をメールで頂いたので書きたいと思います。
私の好き勝手に書いている内容にコメントやメールをいただきこの場を借りてお礼を申し上げたいと思います。

いただいた質問内容は「Sub2はサブ3.5で使用可能か?」と言う内容です。
いずれもサブ3.5を目指しているランナー方からのご質問でした。

個人的見解としてはサブ3.5を目指す方にはSub2はオススメしません。

オススメしない理由は2つです。

1つ目はシューズの特性を引き出せない!
サブ3.5を達成するには平均ペース4分58秒で走る必要があります。
スタートロスを考えると4分55秒ペースは最低限と考えて良いでしょう。。
あくまで平均ペースで走った過程です。
キロ4分50秒前後のペースだとシューズとして使用する分には問題ありませんが、シューズの特性は引き出せないと思っています。

レース本番で平均ペースで走れる方は極僅かだと思います。多くの方は後半に多少のペースダウンをすると思います。
昨日も簡単に書きましたがレースシューズは、脚に疲労が出た時にサポートしてくれるシューズなのか?そうでないのか?で判断するべきだと思っています。
脚が疲れた状態でキロ5分になるとサポートは厳しいシューズでしょう。

2つ目はアキレス腱周辺の筋肉への負担が大きい!
Sub2はグリップ力が強く屈曲するシューズなのでアキレス腱周辺への負担は大きいです。
後半の脚が疲れた状態では筋肉へのダメージ増える可能性もあります。
サブ3をランナーでも筋力を要するシューズと感じているので、サブ3.5ランナーの脚筋力だとマイナスに働く可能性が高いです。

前出にも書いたようにシューズの特性を引き出せない上に30km以降のサポートを見込めないのであれば使用は回避するべきだと考えのもとオススメはしません。

あくまで個人の見解ですので、ご自身で当てはまらないと考えるのであれば使用されても良いでしょう!
シューズ特性も私が感じた事なので参考程度にして頂く事と幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク