骨盤矯正でタイムアップするのか?・・・第4回

Pocket

故障をキッカケに始めた骨盤矯正も始めて半年が経とうとしています。

半年も経つと流石に鈍感な私でも効果を実感出来るまでになってきました(・_・;

まず骨盤矯正をする事で後傾している骨盤を前傾させる効果があります。
マラソンにおいて骨盤が前傾すると脚を出しやすくなります。
外国人選手の走りを見ると非常に分かりやすいと思います!骨盤が前傾しているので腰高のフォームで軽く走ります。

40歳を超えた私の骨盤も以前に比べると結構改善はされているようです!
しかしゴールはまだまだ先のようです( ̄∇ ̄)

骨盤矯正の恩恵を1番受けている事はO脚の改善です。O脚は以前に比べると明らかに治りました。その証拠にシューズの減りが大きく改善されました。

もちろんランニングフォームにも良い影響があります。O脚だと外側の筋肉ばかりを使い直ぐに臀部からハムストリングが張ります。それは内側の筋肉を使えない欠点を意味します。
昨年の私は外側の筋肉ばかり使い直ぐに臀部からハムストリングが張り疲労感を強く感じていました。
しかし、今年に入り以前のような張りを感じなくなりました。その理由は内転筋を使えるようになったからです。

東京マラソンの後に整骨院で筋肉のチェックをしてもらうと内転筋の張りが強いと言われました。以前とは明らかに筋肉の使い方が変わったと言われました。
骨盤矯正のお陰で、今まで30km過ぎに臀部付近に感じていた張りを全く感じなかった事もサブ50達成の要因の一つだと考えています。

まだまだ骨格、骨盤共に改善の余地があるので引き続き治療していきたいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. はぐれ者ランナー より:

    はじめまして。
    大阪在住のラン歴3年のはぐれ者ランナーと申します。

    昨年末にニューバランスHANZOで検索したところこちらのブログに辿り着き、そこから毎回更新を楽しみに興味深く拝読させていただいております。

    本記事を拝読して私も思い当たる節が多々ありまして、昨年の今頃から7月ごろにかけて臀部とハムストリングに大きな張りがありなかなか思うような練習が出来ず悶々とした日々を過ごしていました。
    私自身は、先日の篠山マラソンが今シーズンラストレースとなりオフシーズンになりますが、来年度の目標に向かってこの骨盤矯正は是非取り入れたいと思っています。
    また推奨されているロングジョグも自分なりのテーマを設けて積極的に取り入れていきたいと思います。
    色々と参考になる記事があるのでこれからも更新楽しみにしております。

    • shoji.sub3 より:

      はぐれ者ランナーさん
      コメントならびに毎回訪問いただきありがとうございます。
      私は臀部とハムストリングの張りには1年以上悩まされ15kmも走ると張りを感じる状態でした。
      サイトでも紹介していますが、シューズ職人のミムラボの三村さんにも臀部とハムストリングの
      張りをを指摘され、解決するには内転筋を鍛える事で解決すると教示いただいていました。それ以降、内転筋の筋トレは毎日行っています。
      そこで内転筋を鍛えても骨格上使いにくい骨格では最高のパフォーマンスが出せないと思い骨盤矯正に踏み切りました。
      まだ私も完璧に矯正は出来ていませんのでお互いに頑張っていきましょう。私でお力添えになる事があればいつでもコメントお待ちしています。