東京マラソン 2018 レポ(前半)

Pocket

速報でも紹介しましたが、東京マラソン2018見事にPB更新出来ました。
レース中に感じた事を書きたいと思います。

レース当日は4時半に起床!朝食は、おにぎり2個、カップみそ汁、野菜ジュース、豆乳。

スタート地点の都庁に到着後、カステラ3切れを補給してSTARTの1時間20分前にスタートブロックへ整列します。それでも前列から6列目(°_°)
ダイソーで買ったカッパとカイロで寒さを凌ぎます。
60分前にVESPA、アミノバイタルパーフェクトエネルギーを補給。
START〜5km 20′17″
スタートロスは17秒!スタート地点で数人が転倒するもギリギリで避ける事が出来ました。
紙吹雪の中駆け出しますが…明らかに周りのペースは速い感じm(__)m
いつものロングJOGの感覚ではしりますが、次から次にごぼう抜きされる状態(//∇//)
10kmまでは向かい風と言う事もあり、身体が温まらない状態で飛ばすのは無駄なエネルギーを使うので、周囲のランナーに惑わされず自分を落ち着かせました。5kmの通過は20′17秒!これでもキロ4分で走ってます。
5km〜10km 20′21″
5kmを過ぎると…尿意が襲います。
集中力が切れそうだったので…潔くトイレへ駆け込みました(//∇//)
トイレロスは20秒程度。
コース復帰しても相変わらず後続から来るランナーにごぼう抜き状態(-∀-)10kmまでに250人近くに抜かれてました(。-∀-)
「マラソンはカメが勝つレース」
そう自分に言い聞かせて、普段のロングJOGの感覚を大切にし、後続から来た女子のエリート選手と走りのリズムが合ったので付いて行く事にします。ペースはキロ4分を少し超えたぐらいでした。
1人で練習しているとヒーヒーなペースですが、人に付いて行くと本当に楽に感じました。普段の感覚なら4分30秒〜35秒の感覚ですが…体感より30秒近く速いペースです。10kmを40′38″で通過。
10km〜15km  20′13″
10km過ぎの給水所で「アミノサウルス アミノ酸」を補給。
ここから雷門を目指しますが向かい風が気になり、姑息にも長身の外人さんを風除けにして走ります(//∇//)この付近になるとリズムの合うランナーが周囲に増えリズムの合う5人ほどの集団で走りました。
ペースはキロ4分を少し超えたところです。
もう少しペースを上げれそうでしたが…25kmまでは我慢と良い聞かせ!コンパクトに走る事だけ意識し、時折、大きく息を吐いてリラックスを促しました。
雷門を過ぎて15kmの通過は1時間00分51秒。
15km〜20km 19′59″
15km過ぎの給水所手前で「アミノサウルス ジェル」を補給。
給水所では、少し汗をかいていたので「ポカリスエット」を多めに給水。
蔵前橋を渡ると折り返し地点前を目指します。ここの区間でも同じリズムで走る5人ほどの集団で走ります。
心拍数もレース心拍辺りでリズム良く走れたと思います。
向かい風区間は力む癖があるので1km置きに大きく息を吐くようにしました。
これは普段のロングJOGで効果が有ったので実践しました。
ハーフ手前の20km通過は1時間20分50秒!10kmから20kmのLAP40′16秒と悪くないペースです。

今回はここまでで…
後半は次回にしたいと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク