毎日自分の課題を見つける

Pocket

東京マラソンまであと13日となりましたが…
見事に風邪を引いてしまいました(´Д` )

そもそも勤務先の所属している部署の9割が風邪を引いている異常事態(*_*)
喉の痛みも引きつつあるので明日には走れそうな気がしますが、無理は禁物です。

久しぶりに休脚日が2日も続くと1年間どんな練習をして来たのかを振り返ってみました。

1年前の今頃は、東京マラソンで絶対にサブ3を達成する!と意気込んでいました。さらにはサブ3を達成する自信も有りました(//∇//)

結果は…見事に撃沈の3時間3分でした…

でも東京マラソンでの撃沈で練習に対する意識を大きく変える切っ掛けになりました。

それまでは無心で走り続けていましたが…東京マラソン以降は、必ずその日のトレーニングで課題を見つける様にしました。

課題と言っても感覚的な物で良いと思います。
•ミッドフットで着地
•臀筋を使う
•腕振りコンパクトにする
•腰高フォームで走る
など身近に直せる事で良いと思います。

私が最初に取り組んだ事はランニングフォームの改善です。
その理由は、ランニングエコノミーを向上させる事がサブ3への最短ルートと考えていたからです。

市民ランナーの方でもランニングフォームを意識しても判断が難しい部分が多いと思います。
私も同じ考えで、直ぐに効率の良いランニングフォームを追及することにしましたがどれが正しいのか判断出来ないでいました。

そこでガーミンのランニングダイナミクス機能を利用するようになりました。
度々紹介していますが、上下動•左右バランスを数値化する事で課題を見つけやすくなります。

私もガーミンのダイナミクスのお陰でランニングフォームが改善してランニングエコノミーが大幅に改善出来た事を実感しています。
1年前と今月に同じペースで走った際のデータを比較してみます。

■1年前

■今月


ピッチ数は変わりませんがストライド・左右バランス・接地時間が改善されています。
更には左右バランスが良くなった事で、20km辺りから右臀部に張りを感じていましたが、左右バランスの改善で張りを感じなくなりました。
張りを感じないことでフルの後半で失速しなくなった要因と感じています。

ただ単に走るより目的を持って走り続けると間違いなく大きな差が生まれます。
自分なりに課題を見つけトレーニングすることはオススメです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. トール より:

    豊富な知識と経験をお持ちで、練習やシューズ、走る事に対する考え方等々、いろいろな角度で参考にさせていただいております。
    よくよく拝見しますと、同じ福岡で年齢も同じくらいなようですので、勝手に親近感を覚えめおります。
    私もフルマラソンでの目標を2時間55分切としていましたが、漠然と距離を走ったり、ポイント練習を行なっている自分が恥ずかしくなりました。今後、参考にさせていただいた練習メニューを自分なりに工夫していきたいと思っています。
    風邪をすぐにふきとばし、東京マラソンで必ず、いい結果が出せる事を祈っておりますし、目標クリアも十分に可能だと思います。
    応援しています。
    いつか、どこかの大会でご一緒できれば(笑)
    長文失礼しました。

    • shoji.sub3 より:

      ブログへの訪問とコメントありがとうございます。しかも同じ福岡からの返事は私も親近感が湧きます^^
      私の経験上、走ると言う単純な動きだからこそ色々なアプローチがあると考えています。怪我をしない事を第一前提に私なりの考えをここで書いているので今後多少でも参考にしてもらえると幸いです。
      私も東京マラソンでは頑張りますので55分切りを目指して頑張りましょう^^
      また、同じ大会に参加する際は是非お声かけ下さい^^