GARMIN ForeAthlete935 ゲット

Pocket

GARMINのForeAthlete935を購入しました!

今はForeAthlete735を所有しています…特に不満はなく単なる衝動買いです(笑)
画面の大きさは一回り大きくなりました。

厚さも微妙に厚くなっていますが装着しても気になりません。

GARMINのForeAthlete935は、ForeAthlete920XTJの後継モデルの位置づけで、ウルトラマラソンランナー、トライアスリート向けの商品とされています。

前作のForeAthlete920XTJにはなかった光学心拍計が搭載されています。910、920とデザインが四角だったものがその他のForeAthleteシリーズと同様に丸型に変更になりました。

さらには乳酸性作業閾値(LT)の計測も可能です。

920XTJ=トライアスロンモデルというイメージでしたが、935はトライアスロンはもちろん、気圧高度計やコンパス機能も搭載されているので、トレイルランナーのシェアも見越してのモデルチェンジでしょうか?

軽量感にこだわる人はトレイルで935を活用するのも、アリだと思います。

そして私も常に参考にしているGARMINの「ランニングダイナミクス機能」は顕在です。心拍ベルト及びランニングダイナミクスポッドを装着する事で上下動、接地時間、左右の接地バランスなどを計測してくれます。

ランニングダイナミクスを計測するに辺り手間暇を考えるとランニングダイナミクスポッドの方が非常に使い勝手は良いです。心拍ベルトの装着は面倒でもあるし、寒い時期はセンサーを濡らすなどして非常に装着だけで憂鬱になります。

しかし乳酸性作業閾の計測は心拍ベルトでしか計測出来ません。

乳酸性作業閾(LT)はレースペースの基準にもなるのでレースマネジメントを考える上で指標にもなるので心拍ベルトとランニングダイナミクスポッドどちらかを選択すると良いと思います!!と思っていたら…ForeAthlete935の標準付属品としてR「ランニングダイナミクスポッド」がセットで販売されています。

私は既にランニングダイナミクスポッドを所有しているので、買い替えの人には無駄に高いお金を払う形になるので個別に販売して欲しいものです。(´Д` )

ForeAthlete735に関して、私がメリットを思うのは35に比べてバッテリーの稼働時間が長時間である事です。
フルマラソンをメインにしている私が735から買い替える必要は全くないですね(//∇//)
週末のロングJOGを行う際に翌日のロングJOGで充電が切れていたので…
充電する手間が省けます(*_*)

単なる面倒くさがりなだけですね(´Д` )

レビューは後ほどしたいと思います!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク