トレッドミルで閾値走

Pocket

日曜日の30Kmの疲れも感じなくなり、今日は刺激を入れようと思うも…
外は相変わらずの寒さで気温は0℃に海からの強い風(*_*)

そんな環境で走っても身体が動くはずもなく…肉離れを起こす可能性もあるので、そんな時はトレッドミルで決まりです!!

トレッドミルでダラダラと走っても精神的苦痛でしかないので20分の閾値走をする事にしました。

10分ほどアップを行い、時速15km +傾斜を1.5%に設定して20分走ります。
室内は暖房が効いており5分もすると大量の発汗(´Д` )
久しぶりの大量発汗で苦痛の嵐が何度も襲って来ますm(._.)m

周囲から見ると大量の発汗に変な視線をかんじますが…「俺ってイケてる〜」てポジティブに考える余裕もなく無心で走り続け何とか20分経ちました(//∇//)

心拍数は余裕があるものの足腰への負担が軽い事で速い動きが可能になるので??走っている最中も乳酸がやや溜まっていました…
もう少し傾斜を落とすかスピードを落として良いかもしれません。

トレッドミルで時速10km(キロ6分)で走ると感覚的には5分20秒前後の動きになります。
これは私がピッチ走法だからかもしれません。

今日の設定は時速15kmはキロ4分ですが、身体の負荷は間違いなくキロ4分より高いです。

しかし心拍数は上がりません…考えられる事としては、着地衝撃タイプのトレッドミルだからかもしれません。

閾値走は、程よい辛さで走っていれば効果は有ると思うので、閾値走を行う際はトレッドミルを使用して行こうと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク