ランナーの味方? カツサプ

Pocket

カツサプとはカツオのパワーで「パフォーマンスの向上」「筋肉のダメージ軽減」を素早い回復力で支えるサプリメントです。
カツサプでは100%天然物を使用。運動時に疲れの元である血中乳酸を効率よく「エネルギー」と「水」に分解して、持久力を高めます。さらに血中CPK指標(筋損傷・筋ダメージ)を抑えることもできて、筋肉痛と筋肉疲労を軽減することができます。

 カツオペプチドとは?

カツサプには、筋肉疲労を抑える成分としてカツオ・ペプチドが配合されています。
このカツオペプチドは、いまスポーツ界で注目されています。最高時速100km/h、一生泳ぎ続けるカツオは、乳酸の分解に優れており疲労回復を助ける「カツオ・ペプチド」が豊富に含まれています。カツオペプチドは筋肉を酷使するアスリートのパフォーマンスや疲労回復力を向上させる効果があるとされています。

 筋肉疲労のカギLT値

カツサプには、前述でも書きましたが筋肉痛や筋肉疲労の回復が有るカツオペプチドをたっぷり配合されています。
LT値(乳酸性作業閾値)は長距離持久系スポーツでは非常に重要なポイントです。
持久力を高めるためには「いかに速くたくさんの乳酸を分解できるか」という事がカギになってきます。
血中乳酸の減少が速いということは、「乳酸分解力」が優れ、大きなエネルギーを得る事に繋がります。
下図は長距離持久系スポーツをした際の乳酸濃度を測定した図になります。LT値を過ぎると血液中の乳酸濃度を急激に上昇していくことがわかります。
しかしカツオペプチドを摂取した場合はLT値が改善されている事が分かります。

 使用タイミング

カツサプの筋肉疲労を抑える事はマラソンにおいて非常に重要なポイントになります。
メーカーの推奨されているのは・・・
ハーフマラソンではスタート20分前に1袋
フルマラソンではスタート20分前に2袋とされています。
顆粒タイプなので水またスポーツドリンク150ml~200mlに薄めて飲みます。
個人的にはフルマラソンでは20kmで摂取しても良いと感じています。

 実際に使用した結果

効果が有る事を理解しても値段が非常に高いので購入に躊躇しましたが…悩むなら買ってしまえ!!とカツサプを購入して20kmとハーフマラソンで使用しました。
肝心の味はスッキリとして飲みやすいです。
実際に使用した感想としては、後半に大きなペースダウンする事もなく、いずれのレースでもベストを更新出来ました。
昨年12月に30kmの大会出た際はキロ4分ペースで走った時は、20kmを過ぎると脚に疲労を感じました。
しかし20kmとハーフマラソンでカツサプを使用した際は、キロ3分52秒で走れています。

12月に10kmのレースを走った際のタイムは38分20秒でした。
今年に入り20kmレースの10km~20kmのLAPは38分35秒 ハーフマラソンにおいては38分30秒と10kmレースのタイムと遜色ないタイムです。距離の違いを考慮しても大きな差と個人的には感じています。
これはカツサプにおけるLT値が改善された事でペースアップした?と思ってしまうような結果です。
東京マラソンで使用して再度レビューをしたいと思います。

カツサプ公式サイト→こちら

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク