NEW BALANCE HANZO S ~実践レビュー~

Pocket

以前HANZOのレビューを簡単にさせて頂きましたが、昨日20kmの大会で使用してHANZOのイメージが変わったので改めてレビューしたいと思います。

実際に20kmをキロ4分を切るペースで走った感想は良い感じでした。
クッション・反発ともに走っていて自然と前に進む感じで気持ち良く走れました。

ソールのグリップ力を高めるための凹凸部分に関しては、日本の他メーカーではウレタン性を採用していますが、HANZOに関しては特殊なゴム製(DYNA RIDE)を採用しています。しかも触ってみると前後に動くためしっかりと蹴り出しまで粘ってくれる構造です。

やはりウレタン性のカツカツとする感じよりゴムのソフト感の方が脚に優しく感じます。
これはカツカツと聞こえると硬く感じる影響も多少なりにはあるかも知れません。

そしてHANZOの特徴の一つでもあるソールが後方で屈曲するのでミッドフットで着地しやすいシューズだと思いました。

さらにはレース向けシューズの中でも屈曲性がある方だと思います。屈曲性があると脚の疲労が溜まった状態でも、腰高を意識し腕を振るとスピードは出ていない感覚になりますが蹴り出しまでシューズが粘ってくれるので脚は前へと出るのでガス欠していなければ大きなペースダウンを防げると思います。

シューズが後方で屈曲するのでシューズ全体が屈曲するので最後まで地面を蹴り出す事ができます。これはヴェイパーフライ4%とは真逆の走り方になります。

土曜日に30km強を走っていた事で脚の疲労が有り15kmあたりで脚に疲労を感じペースが上がらない状況でしたが、体幹でしっかりと身体を動かす事でペースダウンを防げたのはシューズのおかげと思っています。

前述にも述べましたがミッドフットで着地しやすいシューズだからと言ってヒールストライクで合うか現段階で申し上げにくい所ですが、ターサーやTAKUMIが履けているのであれば問題ないかと思います。

しかしHNAZO Sでフルマラソンは私の脚力では走る自信がありません(笑)フルマラソンで使用するなら、もう少しクッション性が欲しいのでHANZO Sよりクッション性の高いHANZO Rの方が私には向いていると思います。
2時間40分台で走るランナーの脚力だとHANZO Sでも履きこなせると思います。

2週間後のハーフマラソンは最近お気に入りのHANZO Rで走ってみようと思います。

そしてニューバランスのHANZOはもっと評価されて良いシューズだと感じました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク