サブ3シューズ ~NEW BALANCE~

Pocket

個人的にサブ3シューズを紹介してきましたが今回で最後になります。

最後はニューバランスです。シューズメーカーとしては有名ですが、日本のランニング市場においては新興メーカーの位置づけにあるイメージです。

それはトップ選手の装着率が低い事にあると思います。そんなニューバランスが一昨年発売したシューズがHANZOシリーズです。
今年の箱根駅伝でもナイキの次に注目を集めたとされているニューバランスのサブ3向けのシューズ紹介したいと思います。

・HANZO S

メーカーの推奨としてサブ2.5~サブ3向けのシューズとされています。ニューバランスの特徴として全体的広めに作られているのでゆったりとした感じです。ソールはシューズ後方で屈曲する特徴があり、前足部にソーティマジック同様に外側に柔らかめのゴムが付いており着地の際に衝撃を緩和狙っての事だと思います。さらには主要メーカーがウレタンでグリップ効果を狙う目的がありますが、HANZOはゴムの素材を使用している為脚への配慮が感じられグリップも遜色有りませんが、サブ3を狙うとなると脚への負担が気になる所ですがクッション性を好まない方にはおススメです。

・HANZO R

メーカーの推奨としてサブ3~サブ3.5向けのシューズとされています。HANZORも全体的広めに作られているのでゆったりとした感じです。基本的なつくりはHANZO Sと変わりませんが大きな違いはミッドソールが暑くなりクッション性が増しています。

クッション性が増す事でサブ3向けのシューズとはしてはバランスの良いシューズだと思います。レースでは使用した事はありませんが、高速JOGや刺激を入れる時は必ずHANZO Rを履いています。今の私の走りには一番合っているとシューズと感じています。

レースではどうしてもミムラボのオーダーシューズを履いていますがハーフマラソンなどでは履いてみようと思います。

ニューバランスは新興メーカーと前述で述べましたが、ご存じの通り今年に入りミムラボ三村さんと専属契約を行いました。その事でニュイヤー駅伝と箱根駅伝でもミムラボ製のニューバランスを履いた選手を見かけました。いままでadidasを履いていた選手がニューバランスへの鞍替えする事でニューバランスの立ち位置が変わるかもしれません。そして・・・個人的には三村さんが監修した市販品に期待してしまいます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク