サブ3シューズ ~NIKE~

Pocket

サブ3紹介シリーズ今回は話題のナイキです。ナイキのヴェイパーフライ4%は紹介する必要がないと思うので・・・

今回はヴェイパーフライ4%以外のシューズを紹介したいと思います。

・ズームスピードレーサー

ズームスピードレーサーは日本市場向けのシューズでプロのランナーから市民ランナーまで長く支持されているシューズです。

アッパーはフライワイヤーでしかっりとホールドされます。以前は日本メーカーに比べるとフィット感が劣っていましたが最近では大きく改善されて遜色ありません。

そして最大の特徴がガチガチのソールです!とにかく硬いです!!それが言えにスピードは出ます。

最初はソールの硬さに違和感がありましたが…ZOOM AIRユニットが最低限の衝撃を吸収し反発を生む事で体感より速いペースで走れているイメージが強いです。

そして何よりセールになっている時は5000円前後で購入出来るケースもあります。その時は迷わず大人買いです(笑)

但し、フルマラソンへでの使用は脚への負担が大きいので事前にロング走などで十分に確認する必要があると思います。

・ズームストリーク6

個人的にはヴェイパーフライの元になったシューズではないかと考えています。ズームストリークシリーズも海外ではナイキの看板シューズとされていました。ズームストリーク6が発売されると今までのズームストリークシリーズのシューズとは別物になり、名称がズームストリークじゃなくても良いのではと発売当初は思っていました。ヴェイパーフライ4%の意味は4%エネルギーを省エネ出来ると言う意味あいで、その比較になっているシューズがズームストリーク6です。

・ヴェイパーフライ4%とズームストリーク6
前述にもありますがヴェイパーフライ4%のベースはズームストリーク6と思っています。
大きな共通点としては厚底の湾曲ソールです。そしてサブ3シューズの中でも厚底に加えてゴムソールなので脚には優しいシューズだと思います。
私も普段のロングJOGでの装着率が高く現在3足所有しています。

ヴェイパーフライ4%と違いシューズが屈曲しソールが湾曲しているので自然とミッドフット着地になります。それが言えに後方にZOOMクッションが後方に装備されています。ヒールストライクの方にはバランス悪く感じる可能性があります。
サブ3シューズの中ではスピードは出しにくいですが一定ペースで押して行くには良いシューズだと感じています。

ナイキにおいては、ヴェイパーフライ4%もそうですが個性あるシューズを発売しているように思います。
それが言えにハマった時は強い味方になってくれると思います。他社とは違う路線を突き進むナイキに今後も目が離せません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク