サブ3シューズ ~MIZUNO~

Pocket

今回はミズノのサブ3シューズの紹介です。ここ最近ミズノの押しは皇帝ウェーブエンペラーでしょう。
数年前にモデルチェンジをして発売されたシューズも3シリーズまでになりました。

もちろんミズノの特徴であるウェーブ波形のプレートを挟み込むことによってクッション性と安定性を両立を謳っていますが
個人的にはウェーブ波形のプレートの効果は分かりません(笑)

・ウェーブエンペラーJAPAN

メーカの推奨として2時間30分~3時間までのランナーを対象にしていますが…クッション性は低いです。
一度購入をし使用しましたが・・・フルを走るだけの自信がなく直ぐに売ってしまいました。
ハーフまでなら脚が持ってくれそうな感じですが、スピードは確かに出しやすく感じました。ソールがナイキのズームスピードレーサーとターサージールの良いとこ取りをした感じに受けますが、サブ3を達成して次のステップに向かうシューズかな?と個人的には思いますが、反発強めのシューズを好む方には最適なシューズだと思います。

・ウェーブエンペラー

メーカの推奨として3時間~3時間30分までのランナー向けとされています。重量も185g(25.5cm)と軽量シューズの部類でもクッション性はサブ3向けシューズをを考えるとクッションはしっかりとしている方だと思います。
スピードも出しやすく総合的にマイルドな印象を持っています。私は贅沢にもJOGシューズとして使用していましたがキロ5分程度でもしっかりと体重移動もしやすく走りやすいイメージを持っています。
ヒールのクッションもエンペラーJAPANより厚いの脚への負担を考えるとサブ3目指す上ではウェーブエンペラーを選ぶ方が良いかもしれません。

・ウェーブアミュレット

個人的にはサブ3.5シューズでも紹介しましたが、ウェーブアミュレットの選択も有りと思います。
理由は個人的にイチ押しのスポンジソールを採用しているからです。昨年イベントで偶然にもウェーブアミュレットの開発に携わったミズノの社員の方話す機会があり、その際もコストを無視してスポンジソールが拘りと言われいました!もちろんサブ3でも使用できると強調されていたので選択としてはありかもしれません。

サブ3シューズでウェーブエンペラーの存在はやや薄く感じます。その理由はこれと言った決め手がないからかも知れません。しかし各メーカーが発売しているサブ3シューズでは一番最後に発売されたシューズの為、各メーカーの良いところを研究した上で発売しているはずです!ウェーブエアロ・ウェーブライダーは絶大な支持をされている事から間違いなく良いシューズだと思います。

学生時代はミズノの短距離スパイクを使用していたので今後のミズノに期待したいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク