ナイキのマーケティング戦略に思うこと

Pocket

お正月の風物詩のニューイヤー駅伝と箱根駅伝も無地に終わりました。

それにしても青山学院大学は強いの一言ですね。
そんな中で注目していたのは「ヴェイパーフライ4%」です。

あくまで個人的所見にはなりますが、ナイキのマーケティング戦略について述べたと思います。

今年のニューイヤー駅伝と箱根駅伝でのナイキのアピールと実績は100点満点だと思います。
先頭争いをしている選手に必ずと言って良いほどナイキブルーのヴェイパーフライ4%履いている選手がいたように感じます。

この背景にはナイキの緻密な戦略が有ると思います。
現在ヴェイパーフライ4%は非常に高い付加価値が付いています。

それを印象付けるキッカケを作ったのは間違いなくキプチョゲ選手です。
参考記録とは言えフルマラソンの世界記録を破った事で一気に注目を集めました。
これだけでインパクトは十分です。

さらには大量販売すると思っていましたが…少量の販売スタイルで入手困難な状況です。
そんな中トップ選手がヴェイパーフライ4%を履いた選手が結果を残す形で付加価値が更に増す形になっています。

一般人でも入手困難状況ですが…これは実業団のプロランナーでも同じ状況のようです。
ナイキからヴェイパーフライ4%を提供されているのは一部の実力ある選手のみで学生駅伝でもレギュラークラスのみ供給されているようです。
簡単に言えば実績のある選手のみにしか供給しないと言う事です。

この辺りはadidasのブースト戦略と比較すると真逆の戦略です。adidasがブーストを発売した当初は凄く注目を浴びましたが…adidasのシューズの殆どモデルにブーストを搭載しました。大量販売路線になると付加価値は付かず良い物でも普通に感じます。
人間は心理的に良い物を履いていると言うだけ早くなったと感じてしまうものです。

プロランナーでもさらに付加価値を付ける戦略を取っています。

それはナイキのBRAKING2で選ばれた3選手(キプチョゲ・デシサ・タデッセ)にはヴェイパーフライエリートを提供しています。

ヴェイパーフライエリートはヴェイパーフライ4%のハイモデルに位置します。
ヴェイパーフライ4%を履く選手にしてみると結果を出したハイモデルの技術を継承したシューズなのでどんなシューズか興味を持ち履いてみたいと思うのが普通でしょう。

しかし客観的に見ると…速い選手はどんなシューズを履いても速いです!と言ってしまえばそれまでですが(^^;;

昨年のベルリンマラソンではヴェイパーフライエリートを履いたキプチョゲが優勝しましたが最後まで争ったアドラ選手はadidasのSUB2を履いていました。そのレースに集約されていたようにかんじます。

これはゴルフ業界も同じ事が言えます。
賞金王が使っているメーカーのクラブは必ず使用したくなるものです。
実際はクラブの差は大きくありません。
ナイキは数十年前タイガーウッズの全盛期サポート契約しゴルフ事業は成功したと言われています。
個人的にはその時と被ってしまいます。

その事からナイキはトップ選手のみにヴェイパーフライ4%を提供しているので自ずと誰かが結果を出す型になっていると思います。

BRAKING2のチャレンジレースでもキプチョゲは2時間0分25秒で走りましたが…
タデッセは2時間6分51秒
デシサは2時間14分10秒

3人中2人は結果が出ていません…
この結果をどう捉えるかですね。
逆にadidasのSUB2を同じ条件で履いて走るとどうなる?と思ったりします。

内容的にアンチ的になっていますが…
ヴェイパーフライとズームフライも所有しており、トレーニングではほぼナイキのシューズにお世話になっています^ ^

話はズレましたが…
ヴェイパーフライ4%は購入は困難な状況ですが…廉価版のズームフライはネットでは定価での購入は可能です。

サブ3向けシューズの購入が困難でサブ3.5向けのズームフライは購入出来ると言う通常では考えられない現状を考えると…

キプチョゲの記録でPRを見事に成功させてサポートした選手が結果出す。
このマーケティング戦略は素晴らしいの一言です。

明日は…本日ヴェイパーフライ4%を履いてペース走を行いましたので、ヴェイパーフライ4%を履く上で感じた事を書きたいと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク