個人的オススメ サブ4シューズ

Pocket

個人的にサブ4向けのシューズを紹介したいと思います。
あくまで個人的に使用した事のあるシューズのみを紹介しているので偏向な部分もあるかもしれませんがご了承下さい。

サブ4シューズを選ぶ際のポイント

1.クッション性
クッション性に関しては各社大きな差はないと考えています。しかしadidasのBOOSTは注意する必要があるかもしれません。
BOOSTの留意点はこちらで紹介しています。

2.屈曲性・屈曲点
屈曲性については出来るだけソールが柔らかく曲がるシューズをお勧めします。ソールが硬いとスピードは出ますが後半疲れが出る事を考えると反発するシューズより反発しないシューズ(屈曲性のある)シューズの方が脚への負担を減らしてくれまます。
屈曲点については、シューズがどの部分で折れ曲がるかを判断します。残念ながらサブ4シューズでは屈曲点はほぼ同じポイントになります。
足首の柔らかい方が多いので問題はないと思いますが…足首が硬い方はドロップのあるシューズを選ぶ事で足首の硬さをサポートしてくれます。

3.重量
重量はできるだけ軽いものを選ぶ事をおススメします。シューズ10gで200kcal変わると言われています。サブ4シューズでも200g近くのシューズから200g後半のシューズがあります。50gで1000kcal変わるので重さもしっかりと考慮するべきでしょう。

以上の3点を重点的に考え私がおすすめするシューズを紹介したいと思います。

MIZUNO ウェーブエアロ
クッション性と屈曲性のバランスが良いシューズと感じています。
私がサブ4を達成した時に履いていたシューズでもあります。
アッパーのフィットも申し分ないので個人的には一押しシューズです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミズノ MIZUNO ランニングシューズ メンズ ウエーブエアロ 16 J1GA173503 run
価格:9718円(税込、送料無料) (2017/12/21時点)

NEW BALANCE HNAZO T
ウェーブエアロに匹敵するシューズだと思います。
HANZOシリーズは全体的に余裕のある作りになっているので
好みが分かれるシューズになると思います。
しかしグリップ力は間違いなくトップだと感じます。ミッドソールのREV-LITEもクッションと反発は申し分ないと思います。

Adizero JAPAN BOOST
サブ4の鉄板シューズと言っても良いかもしれません。
個人的にはサブ4に挑戦した際に後半失速してしまったので良い印象を持っていません。
シューズのアッパー素材の完成度は高くBOOSTフォームの独特のクッションは強い味方になると思います。
しかしドロップのあるシューズなので足首の柔らかい人に合うかは疑問に感じます。

ナイキ ズームエリート9
実は最近ズームエリート9をJOGシューズとして購入しました。
以前にズームエリート8を使用した事も有りますが、ズームエリート9になり大きく変わりました。
一番の変更点は軽量化された事です。以前はJOGシューズのイメージでしたがレースシューズに様変わりし感じです。
クッションはZOOMクッションとアウトソールのゴムソールはソフトでありながらグリップもあり耐久性も文句なしなのでサブ4向けのシューズとして注目されても良いと思っています。

アシックス ゲルフェザーグライド
「本気ならアシックス」の中でサブ4向けにされていてフラットシューズで脚に優しいとされています。
しかし…最近のアシックスのアウトソールはグリップしない上に摩耗が早い事が懸念材料です。
以前はグリップをしていましたが雨の日を履くとグリップ力の無さは顕著に感じます。
しかしグリップをしない事はフルマラソンで蹴る動きを抑制するので大きな筋肉を自然と使うようになる利点もあります。

以上サブ4向けのシューズを紹介しましたが個人的にはウェーブエアロがおすすめです。

サブ4シューズを選ぶ際に参考にしていただければ幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク