ミムラボ レースシューズ 届きました。

Pocket

先日ミムラボに訪問し今シーズンの勝負シューズの製作を依頼して来ましたが早速到着しました。
本来は2ヶ月ほどかかるのですが、今年はミムラボに行けないと思い1ヶ月半前に昨年のデータでシューズ製作を依頼していたので、その順番で作っていただいたので計測後2週間で出来上がりました。
実質2ヶ月はかかりますね!!

今回もミムラボのスピードタイプを選びました。

ここで歴代のミムラボスピードタイプを比較したいと思います。
■初代ミムラボ スピード(ソール張替え済)

■2代目ミムラボスピード

■3代目ミムラボスピード

初代ミムラボと2代目はアッパー素材の変更で軽量化になっています。
今回のミムラボも重さは変わりませんが前回より0.5cmUPになり実際は軽量化になっていると思います。

ミッドソールですがadidas時代に比べて変更されています。

そしてソールも若干変更になっています。

実はミムラボで見せていただいたソールと実際に出来上がったソールは違っていたのでビックリしましたが
日曜日の福岡マラソンを見て変更された理由が分かったような気がしました。


福岡国際マラソンで神野大地選手が履いているミムラボシューズ…分かりにくいですが99%今回届いたスピードタイプのソールと思われます。別動画でもソールを確認出来ているので間違いないかと思います。
神野選手もそうですがサブ10を達成した上門選手もミムラボのスピードを履いていたので少し驚きました。佐々木選手はレースソールでした。

話がそれましたが、年明けるとミムラボではニューバランスのシューズを製造すると思います。それに合わせてスピードタイプのソールもこのソールになるのではないかと推測しています。

今シーズンは、防府読売マラソン・東京マラソン・さが桜マラソンはミムラボで勝負したいと思います。

レビューは後日行いたいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク