第71回福岡国際マラソン 観戦記

Pocket

地元福岡で最大のマラソンイベント第71回福岡国際マラソンを26km地点と38km地点に沿道から声援を送って来ました。

今年は有力選手は多く出場するので非常に注目の大会となりました。

箱根駅伝を賑わした大迫選手や山の神こと神野選手が非常に注目を集めていましたが川内選手や佐々木選手のベテランの走りも非常に注目です。
個人的には高校の先輩が参加するので良い刺激を貰いつつ一生懸命応援する事が一番の目的です。

沿道で声援をしてみると何と言っても大迫選手の走りは圧巻でした。
目の前で見ても無駄のないフォアフットは魅入ってしまいました。。

ちょうどスペシャルドリンクの置き場が有ったため、撮影しました。

赤マルのドリンクが大迫選手のスペシャルドリンクです。他の選手と違い凄くシンプルで走りながら取るのが難しそうですが上手く補給していました。

ちなみに神野選手はマゼンタの装飾されたもののようです。

折り返して38km手前のモーエン選手のスピードは本当に見ていても凄いスピードでした。
何しろ30kmから40kmを29分台でカバー!
マラソンが高速化になっている事を感じます。
大迫選手もほぼキロ3分でLAPを刻む安定の走りで今後に期待を持ってしまいますね!!

一般人からすると未知の世界ですけど(´⊙ω⊙`)

それと忘れてはいけない川内優輝選手!!
前半で遅れたにも関わらず2時間10分台でまとめる辺りはさすがです!

今回有名な選手が出場する中で大塚製薬の上門選手が見事サブ10を達成!上門選手は神野選手と同級生です。大学時代に活躍しなくてもマラソンで成績を残せる事からマラソンの適正は不確定要素のものであると強く思いました

高校の先輩も見事サブ2.5で走破され非常に良い刺激をもらいました。その他にも2時35分以内で走るエリート市民ランナーの走りを見れて非常に有意義な一日になりました。
また明日から練習頑張ろと思います

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク