福岡マラソン 参戦記

Pocket

今回はダラダラと長いです(笑)

スタート地点には7時前に到着し軽く1kmほどアップをし右のハムの張りを少し感じましたが問題ないレベルと判断しました。
アップが終わり急に腹痛が遅いトイレに駆け込みましたが…やや下痢で不安材料を早速抱えました。
昨年も下痢気味で走りだした結果…途中三回トイレに駆け込む始末で全くレースになりませんでした。
そんな不安をよそにスタート40分前には整列し先頭から20m辺りを確保し尿意が来ない事を願いながらスタートを待ちます。

そして高島福岡市長の「いちについて ヨーイッ」 「バンッ」でいっせいにスタート
タイムロスは10秒で思ったより抑えれました。

START~5Km LAP:20分24秒

天神パルコ前からスタートし、とにかく転ばないように気をつけスペースのある場所へ移動し
とにかく落ち着いて走る事をだけを心がけました。
流れで走った事もあり1kmのLAPは4分2秒で通過します。
3kmまでは道幅も狭いので余裕持って走っているつもりでも心拍数は165を超えていました。
通常165だとキツイと感じますが、レースではアドレナリンが出る事も有り楽に走れてしまいます。しかしフルマラソンの道のりは長いので自分でも遅いと思うぐらいまでペースを落としヤフオクドーム前の5kmポイントは20分24秒で通過します。

5km~10km LAP:20分58秒

5kmを過ぎると脚の動きも良くなり余裕を持って走れるようになりました。
若干の向かい風も感ましたが無理せずリラックスだけ意識し、6km過ぎには同僚からの応援、7km過ぎにはボランティアスタッフで参加している同僚から元気を貰います。
8km手前に高低差20mマリナ大橋を迎えますが序盤で脚の疲労もないため、なんなく乗り越え小戸の交差点を右折して10kmポイント41分32秒で通過します。

10km~15km LAP:20分52秒

10kmを通過して「アミノサウルス」を補給しようと思い勘違いから..給水所の200M手前に補給してしまい。息継ぎの度に粉が噴き出す始末(笑)後ろのランナーに迷惑かかると思いコースの端を走る事に(–;)給水後は生の松原を抜け海沿いに出ます。海沿いに出ると沿道からの応援がなくなりますが、福岡マラソン名物の海からの応援に元気をもらいます。
しかし、海からの向かい風でお腹の具合が一進一退になり不安要素が抱える形になります。
後続から来た集団の後方で風よけをして走ります。
海岸道路から今宿駅に向かい大勢の人から声援を受けます。ZARDの「負けないで」が大音量で流れていたので腹痛に負けないでと自分に言い聞かせました(~~;)
15km手前で「ザバスピットインジェル」を補給!
今回初の携帯でしたが・・・量が多いと感じましたが全て補給し15kmの通過1時間2分24秒で通過します。

15km~20km LAP:21分9秒

15kmを過ぎると九大の折り返し地点を目指します。
16kmから九州大学まではほぼ長い一本道で心が折れかけますが10km過ぎから集団で走っていましたが、一人ランナーが抜けだし付いてい行く事にし並走する形になり
前方に6、7人の集団との差が徐々に詰まり19km地点で集団の後方に付き集団で走る事にします。ここから前半最大の難所高低差30m九州大学の坂を迎えます。私は上りが苦手のため無理な力を使わずに下りに備えるので集団から5mほど離れます。坂を上りきり切って200m下った所に折り返し地点があり、折り返しの途中で20kmポイント地点を通過し1時間23分33秒でした。

20km~25km LAP:20分51秒

20km地点を過ぎて直に折り返して直ぐに上りを迎えるため集団との差が詰まりません。折り返してサブ3のペースランナーとの差は400mぐらいだったので脚も心肺に余裕があったのでサブ3は行けると思いました。
下りを利用して集団の後方に再度追いつき、中間点を迎え1時間28分2秒(ネット1時間27分52秒)で通過します。
22km手前の給水所で「アミノサウルス」とアクエリアスを補給し、その後海沿いへ向かいます。海沿へ行くにつれて向かい風が強く集団の後方で風よけをします。海からの風で腹痛の恐れが気になりますが25km手前で「ピットインゼリー」を補給し25kmのポイントは1時間44秒24秒で通過します。

25km~30km LAP:21分02秒

25kmを過ぎると海風との小刻みなアップダウンとの勝負になります。
平坦な道路がない脚には厳しいコースです。
ここはアップダウンを上手く利用しリズムで走る事を意識します。これは、いつも走っている香椎浜のアップダウンのコースを走り込んでいる成果が出たと思います。
しかし懸念していた右臀部からハムストリングにかけての張りが出始めます。30kmの2時間5分26秒で通過しサブ3は確信しました。

30km~35km LAP:21分45秒

30kmを過ぎると後半最大の高低差25m難所通称「のらんざか」を迎えます。
坂の手前で最後の「アミノサウルス」を補給をします。
上り坂で無理をしないと決めていた事もあり、上り区間のLAPは4分31秒と思ったより時間を要しました。
坂を上り切り32kmの通過は2時間14分13秒でした。残り4分30秒で走っても
サブ3は達成出来るのでサブ3は確信出来ました。
その後もアップダウンを繰り返しリズム良く走る事だけを考え34kmで「マグオン」を補給します。
その後、大事マンブラザースの「それが大事」を聞きながら福岡マラソン最大の絶景ポイント二見ヶ浦で35kmポイントを2時間27分11秒で通過しました。

35kmから40km LAP:21分50秒

35km過ぎて36km過ぎに最後の上り坂が待っています。
上り坂では距離を短く走ろうとすると坂が急になるため、上りでは遠回りになりますが外側を走り脚への負担軽減を心がけ走ります。
38kmを過ぎると長い田んぼ道に入り強烈な向かいで心が折れかけます。そこは前から落ちてくる選手を拾う事に集中し5.6人は抜く事が出来ました。
田んぼ道を抜けると40km地点はすぐそこです。面識はないものの沿道に近所のランナーさんから熱い声援を受け元気をもらい40kmポイントは2時間49分01秒で通過

40km~GOAL LAP:8分58秒

40km地点で計算し8分58秒で行けば57分台でのゴールが出来る事を把握します。
41km地点に上りが有るため上り切った後にスパートかけようと思い40kmから41kmのLAPが4分10秒。
41kmから42kmは3分55秒で通過しゴールタイマーを確認すると2時間57分40秒だったので猛ダッシュして2時間57分59秒(ネット2時間57分49秒)のギリギリの57分台でゴールしました。

今シーズ最初のフルマラソンにしては大変満足の行く内容でした。
今年の目標55分台も見えた気がします。
平均心拍数:161
平均ピッチ:191
<使用シューズ>
ミムラボ スピードタイプ

<補給>
○アミノサウルス
10km 20km 30km

○ザバスピットインゼリー
15km 25km

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明治 ザバスピットインジェル ピーチ69g[ザバス ゼリー飲料]
価格:213円(税込、送料別) (2017/11/13時点)

○マグオン レモン味(カフェイン入)
35km

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク