骨盤矯正でタイムアップするのか・・・第2回

Pocket

骨盤矯正その後1ヶ月

脚の故障をきっかけに骨盤の歪みを指摘されて1ヶ月が経ちます。
その後、骨盤矯正を行っていますが、まだまだ先は長い模様で根気良く続ける必要性ありそうです。
40年もの間違った姿勢であれば…そう簡単に治るものではないと思っています。

おさらいですが骨盤の歪みから・・・
骨盤後傾・・・
猫背・・・
O脚・・・
と非常にバランスの悪い身体です。
これは自分自身でもしっかりと把握しています(笑)

骨盤矯正での変化

骨盤矯正を続けて来て目に見えて分かる事が一つあります。
それはO脚の改善です。

以前は直立した時に両膝の間が指2本半でしたが
1ヶ月経った今では1本半弱まで狭くなりました。
これはO脚が改善されている証拠だと思います。

走り方でも大きな変化があります。
それは内転筋が使えるようになった事です。
今まで内転筋が筋肉痛になる事はありませんでしたが、骨盤矯正から2週間は筋肉痛が続きました。
O脚により外側の筋肉を酷使していた紛れもない事実です。

それに伴ってか??
臀筋からハムストリングが張るようになりました。
以前は右側のハムだけが張っていましたが、ハムの上の臀筋から張るようになったので
こちらも正しい筋肉の使い方を出来ていると思っています。

今後の課題

その一方で課題もあります。
筋肉を正しく使えるようになった事は良い事ですが
左脚と右脚の筋力差・内側と外側の筋力の差が大きい事も否めません。
短い距離だと以前よりバランス良く走れている感覚もあります。
しかし内転筋の筋力・持久力がない事で長い距離を走ると外側の筋力に頼ってしまい
脚力の強い右脚を中心に動きを作ってしまいます。
今までのフォームバランスに成りがで腸脛が張る感覚が出ます。
逆に言えば、内転筋の筋力・持久力を付けると大幅に改善されそうです。

筋力差は当面大きな課題なので内転筋の筋力強化を引き続き継続したいと思います。

2週間後にフルマラソンも控えているので少しはいい方向に向かってくれると信じています。

但し・・・道のりはまだまだ長そうです↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク