ズームフライ レビュー ~Breaking2~

Pocket

新感覚シューズ

ナイキのBreaking2のトレーニングシューズに位置づけられている
ズームフライ」を実際に履いて走ってみました。

やはりこのシューズは反発すると言う感覚ではなく
弾む
この一言で片付いてしまいます。
前回説明したようにシューズ自体が屈曲しないのでカーボンプレートが弾む事で推進力に変わるので
脚で前に進むと言うよりは・・・
靴が脚を前を進めてくれる印象です。

走り手を選ぶシューズ

昨日は16km走ってみましたが良いシューズだと思いました。
しかし・・・このシューズの恩恵を受けるには、腰高フォームで走れる事が前提になります。

市民ランナーで腰高フォーム!一般的に体感を使ったフォームで走れている方は少ないので注意が必要かもしれません。
通常のシューズであればシューズが屈曲するので腰が落ちた状態で着地してもシューズがアシストをしてくれるので
推進力へ変わりスピードも出ますが・・・

「ズームフライ」はカーボンプレートで屈曲しないので
身体の真下へ着地しないと通常は斜め前に向かう推進力が真上に行ってしまい上下動が多くなり無駄なエネルギーになってしまいます。

ズームフライを履くに前に自分のランニングフォームを確認する事も必要になってくると思います。

腰高フォームに関しては「ガーミン社」のランニングダイナミクスで接地時間を計測すると分かりやすいと思います

上記の様に自分の接地時間が一般的にどうなのか判断できます。
ガーミンのランニングダイナミクス計測可能なGPSウォッチをお持ちの方は是非有効活用しましょう。

スポンサーリンク




フルマラソンに使えるか検証

さて、最新の科学を元に設計されたカーボンプレートとクッションで今までのシューズより
エネルギー消費を抑えれると謳っているので実際の効果を試す為に以下の条件で使用してみました。

○AMに180分jogを行い夕方に16KMペース走
午前中に180分jog(35KM)を走り、足が疲れた状態でペース走を行うことで脚が重たい状態での
シューズの効果を確認。

同じ条件下同じコース・同心拍数で比較してみました。

比較するシューズは
・ナイキ ズームストリーク6

平均タイム
ズームストリーク6
平均4分31秒/KM
ズームフライ
平均4分27秒/KM

ピッチ・ストライド
ズームストリーク6

ズームフライ

カーボンプレートで弾む感覚があるのでピッチは若干落ちているのかもしれません
走っていててもピッチが若干遅いことを感じます。
ピッチが落ちている分ストライドは伸びています。
ズームフライはリズム良く走る事で安定してペースを維持できるように思えます。

上下動比

ズームストリーク6

ズームフライ

上下動比はほぼほぼ変わりませんが
ズームフライで走っていると上下動を感じたのですが
データを見るといつもと変わらないのでカーボンプレートの弾む感覚に慣れていないからかもしれません。

接地時間・左右バランス
ズームストリーク6

ズームフライ

ズームフライの方が接地時間が短いです。
平均タイムが短いので当たり前ですが・・・
それを差し引いても効率良く走れている?証拠になっています。
左右バランスもこの程度であれば許容範囲なので問題ありません。

データ上は良い結果が出ています。

疲労度は?

同じ距離を走っていても通常よりハムストリングの疲労度はないように感じました。
午前中に35KM走っていると夕方に走るとハムストリングに張りを感じますが
ズームフライはいつもより張りを感じませんでした。

少しペースを落としても4分30秒ぐらいで走れていました。
フルマラソンの後半においてはペースの落ち込み役立つかもしれません。

次回はロング走をしてみようと思います。

耐久性はない?

肝心の耐久性ですが合計17KM使用したソールは

前足部は問題ありません
そしてヒールは

端の部分はゴムソールがないのでゴムの消耗は激しいように感じます。
なので耐久性は期待出来ないと思います。

ヴェイパースライ4%も200KM持たないと言われているのでズームフライも同じかも知れません。
しかし履きこなせるとサブ3.5で・サブ4でも問題ないのでレース用にお勧めです。

<ahref=”//sports.blogmura.com/marathon/ranking.html”>にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
<ahref=”//blog.with2.net/link/?1935750:1232″>
マラソン・ジョギングランキング

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. みーみ より:

    自分はzoom flyを履いて 故障してしまいました。
    走ってすぐに ふくらはぎ痛が始まり 膝や股関節まで痛めてしまいました。
    価格がとっても高いので、自分の走法が悪いと 頑張っていろんな走り方で試しましたが、痛みは悪化するばかり。
    ある意味欠陥だらけのシューズです….「レベルの低いランナーは使用するな!」と、警告文でも 日本語で書いておいて欲しいですね。
    でも このシューズを使いこなす方からは 烈火のごとく お叱りを受けることも たびたびあります、どうして?いい評価だけが 先走るのでしょうか?
    不思議です、自分の場合の評価は、100点満点のうち20点です、怪我をするシューズはいかんよ!

    • shoji.sub3 より:

      私もZOOM FLYとヴェイパーフライを履き続けていたら間違いなく故障していたと思うので、みーみさんの言われる事はすごく理解できます。やはりエリート選手が結果を出し供給数も少ないので良い評価が多くなるのは仕方ないと思います。ブログでも書いていますが日本人は足首が柔らかい人が多いのでZOOM FLYやヴェイパーフライのようにドロップの強いシューズが合う人は全体の1割~2割だと思っています。ちなみに外人は足首が硬い人が多いのでドロップのあるシューズは合います。シューズに合わせる走りより自分の走り合うシューズを履くことが一番だと思います。