ナイキ ズームストリークLT3

Pocket

サブ3.5用とされているが

今回はナイキのズームストリークLT3を個人的にレビューしたいと思います。
まずメーカーの推奨として10km:40分前後 フルマラソン:サブ3.5

メッシュアッパーと高い発布素材で出来たミッドソール高い通気性と軽いクッションを与えてくれるとありますが
実際のところは・・・

私個人的な意見で言うと・・・メーカーの謳い文句には疑問を感じます。
まず・・・市民ランナーでズームストリークLT3を履いている方を見る方はいません。
私も実際に履いてみましたが・・・15kmが限度に思えました。
その理由を書いて行きたいと思います。

ズームストリークLT3詳細

まずは重さから

見ての通り非常に軽量シューズです。

アッパーも非常に軽量アッパーになります。

無駄な部分は一切使用せず軽量化を図ったと言っても過言ではありません。

この段階でマラソンのサブ3.5向けのシューズと言うのも疑問を覚えます
そして気になるソールは・・・

これまた特徴的なソールでソール全体が湾曲しています。
着地の際に足の外側から付く事を考えると理に適っていると思います。
ソールから見ても分かるように着地はライド感が強くクッション性は感じれません。

私もレースで使うのであれば10kmまでです。
因みに10kmのベストタイムは「ズームストリークLT3]で記録しました。

反発もマイルドなので走りやすいと思っていますが・・・

ハーフマラソンだと脚が持つか不安です。
軽量でライド感が強いので、それなりの脚力が必要になるシューズと思っています。

その他スピード練習などに向いていると思います。

スパイクの延長?

とある雑誌で世界のTOPランナーでもある、モハメッド・ファラーのシューズはズームストリークLT3をベースにしていると言う記事を見かけました。
それから考えるとスプリント向けとも捉えれます。

サブ3.5シューズと推奨されていますが明らかに違うと思います。

但し、ズームストリークLT3を履いてフルマラソンを走っている実業団選手がいます。
それは「設楽悠太選手」東京マラソンではズームストリークLT3を履いていました。

ズームストリークLT3を履いた方なら分かるかもしれませんが
このシューズを履いてフルマラソンを走れる設楽選手の脚力は相当な強いと痛感すると思います。
私にはフルマラソンで履く勇気は死ぬまで湧かない自信が有ります(笑)
一般ランナーがフルマラソンで履くには相当な脚力が必要になると思って良いと思います。
但し短いレースではお勧めのシューズです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

マラソン・ジョギングランキング

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク