疲労を残さない事がタイムアップへ重要

Pocket

フルマラソンでタイムアップに必要となる疲労に関して私の考えを述べたいと思います。

タイムアップに必要な事とは

継続的な練習を行う上で一番必要なものはその日の疲労をいかに取り除くかが重要に
なってきます。
疲労が残った状態でトレーニングを行うと疲労が蓄積する事で故障に繋がる
可能性が出てきます。
故障をしてしまうと今までの努力が無駄になる恐れがあり本末転倒になってしまいます。
そこで重要になるのが疲労回復しっかり行う事です。

疲労回復に効果有る物は?

そこで一般的に運動の前後にアミノ酸(BCAA)を摂取すると良いと言われています。
BCAAとは、人間の体内では合成されない必須アミノ酸である「バリン」「ロイシン」
「イソロシン」の3つを総称したものです。

この3つの必須アミノ酸は私たちの健康な体を維持する為に筋肉を維持する事が重要
で、その働きをしているのがBCAAです。
BACCは動物性蛋白質に含まれており、食品では牛乳、鶏卵、マグロ、牛肉などが挙げられます。
しかし、食品から十分な量のBCAAを摂取する事は難しく、サプリメントなどで補う方法が一般的です。

私もトレーニングを行う上で理論的な部分と感覚的な部分において違いを感じる事があります。

個人差が有るので仕方のない部分もありますが私の感覚的になりますが
感じた事や実践している事を述べようと思います。

一般的に筋肉内の必須アミノ酸の内20%前後がBCAAで構成されおり。
筋肉を効率良く活動させる為、運動能力が向上し、集中力がアップ、さらに運動後の
疲労が軽減される効果があります。
運動の前後30分以内に必須アミノ酸を摂取すると良いと言われており。
私も疲労回復の為にBCAAの摂取を行っています。

BCAA摂取で効果はある?

まず摂取を行う場合と摂取をしない場合では

間違いなく大きな差が出ます。

私の場合はほぼ毎日低負荷で120分JOGをしています。週末に至っては150分から180分超のロングJOGを行います。

低負荷とは言え身体への負担は大きく翌日は筋肉痛になります。
練習直後にアミノ酸を摂取すると筋肉痛は緩和されます。
更に疲労回復を促がす方法としてリカバリープロテインを一緒に摂取する事をお勧め
します。

マラソンを始めて約2年位なりますが、アミノ酸+リカバリープロテインの摂取をト
レーニン後に行っています。
昨年まで月間平均600km走っても大きな故障をする事はなく、今年に入ってからは
月間800kmまで距離を伸ばしていますが大きな故障へは繋がっていません。

故障していない要因にアミノ酸+リカバリープロテインの疲労回復効果があると思っ
ています。
マラソンのタイムアップにおいて一番重要になってくるのは
故障をしない事が一番重要になってくると思うので
BCAAの摂取は必要だと思っています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

マラソン・ジョギングランキング

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク